読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

逆境をバネにする

こころの健康

「逆境をバネにする」

 


こんな言葉をよく聞きます。

 

みなさん
日頃から大変な思いをされてますから
こうできたらいいな
と思いますよね。

 


でも
多くの人は
これがなかなか難しい。

 


なぜ難しいかというと
逆境に陥ったときの
みなさんの習慣的な言動にあります。

 


たとえば

 


転ぶと
痛かったねと言って欲しいし
手をさしのべて欲しいから
痛い痛いとアピールしてしまう

 


悔しい思いをすると
心の中で呪いをかけてなんとかしようとし
実際に何らかの行動に移すことはせず

正々堂々と戦わない

 


自分が間違うと
それを無かったことにしようと必死になり
次の間違いを防ごうとしない

 

  


どうでしょうか

 


みなさん
あるんじゃないでしょうか。

 

 

 

これは多くの人がやっていることなのに

 

残念ながら
本人に何の得もない
本人が損をする
ということになってしまうんです。

 

 

 

困難にぶつかると

 

どれだけ大変か分かって欲しい
黙っていても助けて欲しい

 

こんなふうに思うのは当然ですよね。

 

でも
思ったままでいたら
どうなるでしょうか。

 

 

大人になると
当然みんな困難を抱えています。

 

余裕なんてなかなか持てませんよね。

 

こんな現状で
「自分は困難だ」
とアピールを続けても

みんな自分のことに必死ですから
分かってもらえるわけがありません。

 


そして
困ったことに

 

「自分は困難だ」アピールを続けていると

どんどん自分の抱えている困難が
大きいような気がしてきます。

 

助けてもらわないと絶対に無理で
自分には自分で対処する力がないような
気がしてきます。

 


こんな気持ちでは

 

「逆境をバネにする」
なんて
出来るわけがないですよね。

 

 


悔しいことがあると
心の中で呪いをかける。

 

これもまた損をすることです。

 


自分を傷つけた人を呪って
本当に呪いがかかるならいいですね。

 

「恋人にふられてしまえ」
「怖い人に絡まれろ」
「う〇こ両足で踏んづけろ」
なんてね。

 


本当に呪いがかかるなら
まぁ私は止めません。

 

でもね
かからないんですよ。
その呪い。
無駄なんです。

 

実際に何が起こっているかというと

 

どんどん
自分の体力気力が奪われ
自分を嫌いになる
という呪いを自分にかけているんです。

 

 

人に対して怒ること、恨むこと
当然ですが相当のエネルギーを使います。

 

人に対して
怒っている自分、恨んでいる自分
当然ですがそんな自分を嫌悪してしまいます。

 

 

人を恨んではいけない
なんて
ひどく傷つけられた経験がある人には

とうてい納得がいかない言葉がありますが

 

本当は

いけないというより
恨んでいると
傷つけられた上に
どんどん自分が損をしていく

ということなんですね。

 


自分が損をしないように仕返しをするには

よく言われていることですが

 

自分が上に行って見返す
ということしかないんですね。

 

 

心理学用語では
「昇華」というものです。

 

こんなふうに

自分が損をしないように仕返しをすることが
「逆境をバネにする」ことになるんです。

 

 

 

さらに
自分が間違うと
それを無かったことにしようとする。

 

どんなことをしてしまっても

 

気合いでパッと消せたり
懇願して消せたり
お金で消せたり
したら最高ですね。

 

やりたい放題ですね。

 


でも・・・ね。
自分がやったことは絶対に消えないですね。
絶対に。

 


だから
自分で忘れよう忘れようとしても
人が水に流してくれるよう願っても
理由を後付けして正当化しても

 

残念ながら
無駄な努力です。

 


でも
消えないけれど薄まる
まるで

消えたように楽になる方法があります。

 


それは


自分の過ちをしっかりと見つめて
相手に心から謝罪すること。

 

そこから沢山学んで
もう二度と同じ間違いをしないこと。
です。

 


これはとても苦しいことですね。

 

でも
いつまでも消えないものを
消そうとしつづける

 

無かったことにして何も学ばず
同じ間違いを繰り返す

 

こんなことのほうが
ずっと苦しみが大きい。 

 

 


人生で起きることに対して


自分の行動で

 

無駄なことや
損をすること
誰も得をしないことをやめたいですね。

 


どうせ力を使うなら
学べること
自分が快適なこと
人が快適なこと
人の役に立つことに使いたいですね。

 


実はこんな当たり前のことが
逆境をバネにしていくんです。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com