読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

アサーション④-相手の話をじっくり聞き線引きをする-

自己啓発

アサーション

 

自分を誤解させない
自分らしく誠実でいる
一人で抱え込まない

 

為の手段であり

 


自分の価値観を確認し
自分は何を最優先にするのか
を選択し

 

本当の意味で
自分と相手の自由を尊重する。

 

 

 

<アサーション①-単なる自己主張ではない->
<アサーション②-自分が伝えたいことは何なのか->
<アサーション③-自分と相手の自由を尊重する->で述べました。

 


ここでやっと
アサーションスキルを具体的に身につける
スタートラインに立てました。

 

といっても
これまでのことの理解が
アサーションの大事なところなので

 

ここからは
ちょっと楽です。

 

 

 

断れないみなさん。

 

想像してみてください。

 


上司、知り合い
などなどが
頼み事をしてくる雰囲気で近づいてきます。

 

こんなとき
あなたは

 

また頼み事かと

 

あきらめの気持ちになったり
今度こそ断ってやる!

 

と身構えていませんか?

 


これが
アサーションから遠のく行為です。

 


いつも頼み事をされ
使われたような情けない気持ちになったり
本意ではないのに断れなくて怒りを持ったりする。

 

そうしたら
それは身構えてしまいますよね。

 


でも

 

今頼み事をしてくる人は

 

どんな人か分からない。
どんな意図を持っているか分からない。

 


もしかしたら

 

あなたにしか頼めない
と信頼しているのかもしれない

 

ダメでもともとだと控えめに
お願いしているのかもしれない

 

あなたが忙しいのを
知らないだけかもしれない

 

ある提案をしていて
あなたにも利益があることかもしれない

 


いろいろなことが
考えられるんです。

 


もちろん
身構えたとおり
ただ利用しようと有無を言わさず
頼み事をしてくる人もいるかもしれません。

 

でも
ちゃんとじっくり話を聞いてみないと
相手の意図は分かりません。

 


じっくり話を聞いてみてください。

 


じっくり話を聞くと
どこまで理解できてどこから理解できないのか
分かるはずです。

 

理解できないところはきちんと確認しておかないと
相手の意図は分からないままです。

 

 

 

じっくり話を聞いて
自分の状況や価値観などと
すりあわせて考えてみてください。

 

どこまで出来てどこから出来ないのか
どこまでは賛成できるがどこからは賛成できないのか
詳細な線引きができるはずです。

 


このようにして返答をすると

 


じっくり考えて返答をする態度や
しっかりとした線引き、誠実な返答内容に

 

頼み事をした側は
断られたとしても嫌な感じはしなくなるのです。

 

 

 

身構えるから
緊張してしまい
相手の話をちゃんと聞けない。

 

そして
あきらめの態度でイヤイヤ承諾したり
言葉だけ丁寧で理由をはっきりさせずに断る。

 

これでは
相手も自分も尊重できません。

 


まずは
相手の話をじっくり聞くこと。

 

その上で自分の価値観とすりあわせて
線引きをはっきりさせて誠実に返答すること。

 

こうすれば
断るにしても受けるにしても
自分も納得でき

相手に良い印象が与えられるはずです。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com