読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

アサーション①-単なる自己主張ではない-

自己啓発

本音を言えない。

 

いつも心の中で色々考えて
口には出さない。

 

 

 

そんなあなたの思いは・・・

 


本心を言えというから言ったのに

 

イヤな顔をされたり
そんなことを言うなと言われたりする。

 

だから
本心をしまって建前で人と接しているのに
何を考えているか分からないだとか
本音を言えとか言われる。

 

じゃあいったい
自分はどうしたらいいの!

 

 

 

・・・どうでしょう。

 

当たっていませんか?

 


そうなんですよね。

 

もうどうしようもできない。
こう考えるのも分かります。

 

でも
まだ選択肢はありますよ。

 


この考えは

 

自分の本心を
「出す」か「出さない」か
のニ択しかないと思っているから
出てくるものですね。

 


この考えのあなたは

 

「口に出す」
イコール
「思ったことをそのまま口に出す」
になっているんです。

 

思ったことをそのまま口に出したら・・・
世界中大混乱が起きますね。

 


だから
一般的には
大人になる過程で

 

頭の中で思うことは自由でいいけど
出すものと出さないものを振り分けて

 

「場所や人に応じて出し方を考えていく」

 

ことを学んでいきます。

 


この過程を経てこれないと
どうなるかというと

 


「思っていることを出したら
大変な目に遭った」
 ↓

 

「自分の思っていることはいけないこと!」

 


「自分の思っていることは隠し通さなきゃいけない!」

 


「人に本心を話さずに生きていく!」

 


といった
信念ができあがっていってしまいます。

 


そうすると当然

 

・自分の思考を全否定しているので
 自分を全否定しながら生きることになる

 

・いつも自分の思っていることを
 必死に隠そうとしていることで
 不誠実でいかがわしい雰囲気をまとうようになる

 

・人に本心を話さないと決めたことで
 人と信頼関係を築くことができなくなる。

 

 

 

そう

 

もう生きづらさの原因は
これが主じゃないかと思えるぐらい

 

大人になる過程で
頭の中のものの出し方を学べなかったことが
これだけ
大変なことを引き起こしていたんです。

 


場所や人に応じて
自分の考えを出していく方法を

 

アサーション」と言います。

 

 


一般的にアサーション

 

自己主張だとか
上手く相手を納得させるような意味合いが
含まれていますが

 


私は
アサーション
「自分の意見を通す」ものでも
「相手をコントロール」するものでもない
と思っています。

 


アサーション
その目的に使うと

 

長くつきあう人間関係では
良いことはありません。

 

 

 

アサーション

 

自分を誤解させない
自分らしく誠実でいる
一人で抱え込まない

 

ための手段だと
私は考えています。

 


これをしっかりと理解してもらってから
アサーショントレーニングに取り組んでくださいね。

 

 

 

私のカウンセリングでは
話したいことを存分に話してもらって
すっきりすることだけでなく

 

このアサーションを大事にしています。
早く身につけて
苦しみから抜け出してほしいからです。

 


これが全く逆のことで
同時進行しないから
大変なんですが・・・

 

余談になりました。

 


アサーションを身につけて

 

自分を肯定できるようになる!
誠実になる!
人と信頼関係が築けるようになる!

 

これを目指してやっていきましょう。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com