読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

アサーション②-自分が伝えたいことは何なのか-

自己啓発

じゃあアサーションはどうすれば

身につけられるのよ。

 

説明はいいから
早く教えてよ。

 

なんて声が聞こえてきそうです。

 


でも
アサーション
本当の意味を理解するところが
最も重要なんです。

 


これまでの自分の伝え方で

 

どんなことが起きていたか
人からどう見えていたか

 

このようなことが理解できれば
もう半分以上クリアしたも同然です。

 


逆を言えば

 

ここをスルーして
スキルだけ身につけようとすれば
アサーションは身につかない。

 


なので
説明を聞くのも
詳細を理解するのも面倒だと思いますが
頑張ってくださいね。

 


アサーションというと

 

「断れない人が上手に断る方法」
というのが多いですね。

 

これについて考えましょう。

 


アサーションの良さに
WIN-WIN
というところがあります。

 


みなさんは
人と意見がぶつかると

 

すぐに妥協点を探しますよね。

 


妥協というと
どちらも渋々という感じがしますね。

 


でも
多くの場合
どちらにとっても損ではないこと
が存在します。

 

(どちらかが自分の利益しか考えていない場合
もちろん無理です)

 


アサーション
自分も相手も尊重します。

 

だいたい
相手は毎度変わるので
相手のことを理解して
その人にあったやり方を模索する必要があります。

 


さて
「断れない人が上手に断る」

 

これができたら
WIN-WINになるでしょうか。

 


これがね
ならないことがあるんです。

 

いえ
多々あるんです。

 


そもそも
断れない人は
断らないことで
「相手の機嫌をとる」
という利益を得ているんです。

 


あれ

 

すでにWIN-WINですね。

 


でも本人は
断れない!自分は我慢している!
と不満を持っています。

 


この方が
ここでもし
アサーションで上手に断っても

 

結局
相手にどう思われただろうか
嫌われたのではないか
と考えるハメになり

 

どちらにしても
WIN-WINにはならないんです。

 


だから
断れない人が
アサーションを身につけるためには
アサーションスキルを身につけるだけでは
ダメということです。

 


まずは
自分は無意識に
断らないことで
人の機嫌をとろうとしていた
と気づくこと。

 


そして

 

自分が優先したいことは

 

人の機嫌をとることなのか
自分が嫌なことは嫌だと伝えることなのか

 

どちらなのかを選択することです。

 


当たり前のことですが

 

自分自身がWINと感じるのは何か
それが分からずに

 

いつもLOSEな気持ちでいる人は
すごく多いんです。

 


まずは
その場で
自分にとって何が最優先なのか

 

これを見つけられないと
アサーションは始まらない。

 


これを見つけなければ
自分が何を伝えたいのかが分からないままで

 

何を伝えても
自分が満足するコミュニケーションに
ならないんです。

 


アサーショントレーニングをしても
全く満足がいかない

 

という人は
自分の価値観を確認し
自分は何を最優先にするのか

 

それを見つけることが先です。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com