逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

隠れディスレクシア

ディスレクシア

 

耳慣れない言葉ですね。

 

大学院でみっちりと
心理学を勉強したつもりだった私も
この概念には出会いませんでした。

 

ディスレクシア

学習障害の一種で読み書きの障害です。

 


ギフテッドについて情報を集める過程で
この概念に出会い

 

自分は
ディスレクシア
だったんだと確信しました。

 


きっと
気づいていないギフテッドの人はいるはずです。

 

私は40歳でやっと気づけたんですから。

 

 

ギフテッドは読字障害を

iqの高さで隠してしまう。

 

 

思い返せば

 

小さいころ

反転した文字ばかり書いて

バカだと思われていた。

 

難しい漢字が読めるのに

簡単な漢字が全然書けなかった。

 

簡単なおつりの問題や時速の問題は苦手だったのに

微分積分やベクトルは得意だった。

 

 

 

学校のテストは

 

ケアレスミスが多かった。

 

いや
多かったというより
ケアレスミスがないことが無かった。

 



単語と単語を取り違える。

 

問いと全く関係のない答えを書く。

 

ここから選びなさいを無視する。

 


そんなことばかり。

 

 

 

「落ち着いて考えなさい」

 

「普段から落ち着きがないからこうなんだ」

 

「真面目にやりなさい」

 


こんなことを教師に言われ続けました。

 


でも
私にはそれをどうやればいいのか
分からなかったんです。

 


勉強自体
30歳ぐらいまでやったことがなかった。

 

やり方が分からなかった。

 


それは
私にとっての学校の勉強は

 

ずっと「類推」だったからです。

 

 

 

例えば

 

英語の長文読解で
知らない単語がいくつかあったりしますね。

 

そんなとき
英語の得意な人は単語の類推をして
長文を読んだりする。

 


私にとっての勉強はもっと難解な類推で

 

知っている単語が少しあるだけで
長文読解をするという感じです。

 

 

 

どんな文章も
いくつかの単語だけで内容を類推して理解する。

 

しかも
そのいくつかの単語ですら
私はしっかりと認識することができなかった。

 


今思うと恐ろしいのですが

 

2、3行の文章をパッと一瞬見て
なんとなく目に入った単語
なんとなくの単語の形
それだけの情報だけで処理していました。

 

理由はわかりませんが
止まって単語を認識することすらできなかった。

 


だから本当に
テストというテスト
大学受験すら
私にとっては勉強というより
類推でしかなく、クイズみたいなものでした。

 

 

 

マンガを読むのが大好きだったんですが
それは類推しやすいから。

 

絵といくつかの単語だけで
ストーリーが読みとれて進んでいける。

 

私がマンガを読むスピードが
異常だと言われていたのはこのせいでした。

 


25歳ぐらいになって
少しづつ頑張って本を読んでみるようになって
ディスレクシアは良くなってきました。

 

いまだに
疲れているときや興味がもてない本の時
昔のクセが出てしまい

 

単語だけで読んでしまいますが。

 


自分の経験からも納得ですが
ディスレクシアは改善すると言われています。

 

ディスレクシア
困難ながらも読む体験を積み重ねていくことが重要なようです。

 

 

 

ずっと
ディスレクシアのまま
私は生きてきて
大変なことばかりでしたが

 

じつは
優位なこともありました。

 

大学で論文を書くとき

 

少なくとも数百の論文を読んで
ヒントを得たり
自説に有利なもの反対のものなどを集める。

 


それがみんなにとって
相当大変な作業です。

 


ひとつひとつの論文を
最初から読み進める。
これは非常に時間がかかります。

 


論文を読み込むのは
興味があることかどうか
必要かどうかを判断してからでいい。
短時間で判断をすることで効率が上がる。

 


私はそれが異常に早かった。
これは鍛え上げられた類推の力です。

 


そのあと
深く読み込むのは苦手なんですけどね(笑)

 

 

 

あとは
カウンセリングで
この類推の力のおかげで
クライエントさんに喜んでもらえる。

 


クライエントさんは
自分の言葉で上手く語れない。
表現がうまくない。
誤解されやすい言動が多い。

 


そのまま受け取ると
いつまでたっても理解は進まず
誤解したままカウンセリングをして
結果が出ないことになりがちです。

 


私は
少ない情報
いらない情報
誤解しやすい情報の中の

 

ほんの少しの大事な情報をつなぎ合わせて
類推して
その人を理解していく。

 


こんなに
良いことがありましたね。

 

 

 

本が読めるようになって
そんなに経っていないので
まだまだ苦労が多い。

 

思考力に文章力がついてこない。

 


書いてあることは深いのに
文章がなんか幼稚

 

たぶん
そんな印象を持たれているのではないかと思います。

 

しかも
「てにをは」の間違いや誤字脱字が

非常に多い(笑)


読みづらいですよね。
すみません・・・

 


これからも
ディスレクシアは改善していくはずなので
自分に期待しています。

 


私と同じように
ディスレクシアに気づかなかった
ギフテッドの人

 

意外といるんではないでしょうか。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com