逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ASD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

物事の捉え方で人生が変わる

「物事は捉え方次第」

 


なんてことは
よく言われていますが

 

とくに感受性豊かな人は
本当にそうだと思うんです。

 


<気分で世の中の見え方が変わる>
で言ったように

 

気分が良いときは良い捉え方
気分が悪いときは悪い捉え方をしてしまうので

 

気分を良く保って
物事を良く捉えるようにしていくことが大事ですね。

 

 

 


でも実は
その逆のこともあります。

 

 

 

物事の捉え方で感情が変わるんです。

 

 

 

よくあるのが

 


「あいつはバカにしている」
「あの人は自分を嫌っている」

 

人の行動の意図を決めつけて
怒ってしまうこと。

 


これは非常にもったいないことだと思うんです。

 


自分にとって
失礼だと感じることを人にされたら
嫌な気持ちになりますよね。

 


でも
怒りを大きくしていく人は

 

さらにその後

 

その人の意図まで推測して怒ってしまっているんです。

 

 

 

私も以前はそうでした。

 

 

 

人の意図って本当は計れないですね。

 


その人の知識量や知的能力
思考の広さや深さ
その人の思考の癖

 

こういうものが複雑に絡み合って
その人の意図は出来上がるのに

 

「自分だったらこう考える」

 

なんて何の役にも立ちません。

 

 

 


深く知らない人の意図なんて絶対に分からないのに
その意図を推測して怒っている

 


これって
本当に意味がないですよね。

 

 

 

 

また
色んなことを義務にしてしまうこと

 

これも
自分で良くない感情を喚起させてしまう癖です。

 

 

 

どんなことでも
義務にしてしまうと嫌になりませんか。

 


好きだったはずなのに
「やらなければ」と思った時点で
憂鬱な気分になりますよね。

 


自分からやりたかったはずなのに
「やらなければ」と思った時点で
やらされているような気分になりますよね。

 

 

 

そうなんです。

 

気づかないうちに
「やらなければ」と思ってしまうだけで

 

好きだったことが嫌いに
自分でやりたかったことがやらされている気分になって
人や状況に嫌な感情を持ってしまうんです。

 

 

 


私もあります。

 


今のカウンセリングという仕事。

 


いくらカウンセリングが好きでも

 

遊びではなく仕事ですから
いい加減な気持ちでは出来ません。

 


でも「仕事だ」
という意識が強すぎると
ちょっとよくないことが起きます。

 

 

 

私も
疲れているときなどは
自然と今日も仕事
嫌だなぁと思うときもあります。

 


ですが私の場合
カウンセリングが好きなので

 

この嫌な気持ちが起こることが不思議なんです。

 

 

 

そこで自分に問いかけます。

 


今日はオフだとする

 

この人とカウンセリング関係は無いとする

 


そしたら
どう感じるだろうか。

 

 

 

この人と話したい。
この人の話を聴きたい。
この人と会いたい。

 


自然と
そんな気持ちが湧いてきます。

 

 

 

これは極端な話ですが

 


嫌じゃないことまで
義務に変換して

 

楽しめなくなっていることって沢山ありませんか。

 

 

 


物事の捉え方一つで感情がこんなに変わるんです。

 

感情が変われば人生も変わっていきますね。

 


ぜひ
思いこみだらけの自分の捉え方を変えていきましょうね。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com