読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

恵まれた人の苦悩

自分を知る

一見して
恵まれている人は

 

実はとても苦しんでいることがある。

 

 

 

多くの人は

 

お金に苦労していなければ
恵まれている

 

美男美女は得ばかりしている

 

才能に恵まれた人は
人生楽勝だろう。

 

そんなふうな偏見を持っています。

 

 

 

しかし
光もあれば影もあります。

 

<どんな状況の人も幸福感は得られる>
で言ったように

 

幸福感にはなれてしまうので
もっと上を目指さないと
幸福感が得られなくなる。

 


スタートラインが高すぎるため
そこから
さらに高いところを目指し続けなければ
幸福感は維持できません。

 


他にも

 

「そのままで十分すごい」
といわれて
向上心を奪われる。

 


このような人たちは
つねに目立つ存在であり
衆人環視という緊張の中で生きなければならない。

 

 

 

もっと大変なのは

 

誰にも苦悩を理解されないこと。

 

 

 

このような
一見恵まれている人は
悩みや愚痴をいうことを許されない。

 


「家がお金持ちだからいいじゃないか」

 

「容姿だけで色々楽勝でしょ」

 

「才能があるやつはいいな」

 


などと言われ

 

家がお金持ちでも機能不全の家庭であれば
苦しみは大きいのに

 

美男美女でも
それがネガティブに働くことがあるのに
能力を伸ばそうとする過程で誰だって苦悩はあるのに

 

ある才能があっても
コミュニケーション能力や
その他の才能が欠けていて苦悩をもつことはあるのに

 


このようなことは全く理解されず
「恵まれている奴は泣き言を言うな」

 

という空気の中
一人で耐えてきた人が本当に多い。

 


たしかに
恵まれている点はあっても

 

人に泣き言をいっさい言えない。

 

悩みを相談できない。

 

どれだけ苦労していても
楽をしていると決めつけられる。

 


これらは
誰にとっても一番苦しいことです。

 

 

 

さらに
本人も

 

自分は恵まれているんだから
泣き言を言ってはいけない

 

恵まれているのに
文句をいうなんて自分はなんなんだ

 

というふうに考え
自分を否定するようになってしまいます。

 


自分を肯定できなければ
人生は大変苦しいものになります。

 

 

 

私自身は
正反対の環境にいて

 

自分以外の人間は
全員恵まれた環境だ
楽をして生きている

 

という偏見を持っていて

 

誰もが敵のように見えていました。

 


そんな苦しみの中
たくさんもがいて
自分以外の人を理解しようとして
分かったこと

 


「どこの場所にいても苦しみはある」 
ということです。

 


そして
その中でも特に苦しみが大きいのは

 

人からの理解を得られないことが
何よりも苦しいこと
だと分かったんです。

 

 

それに

私は不幸をずっと隠してきたので

恵まれているように見られ(温室育ちだと思われる。)

そんな偏見も受けてきたので

特に何も言わせてもらえないことがわかりました。

 


恵まれた人だって苦しいんです。

 

恵まれていれば幸せだなんてことは
決めつけられない。

 

 

 

「どんな場所にいても苦しみはある」

 

これを理解して

偏見で

人を苦しめることを
自分を苦しめることを
減らしていってほしいんです。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com