読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

失敗や嫌なことが重なる理由

おはよーございます。

 


昨日は

 



すごい勢いで顔を洗っていたら
小指が鼻の中に入った。

 

めちゃくちゃいたい。

 

 

 

自分の駅のTSUTAYAに借りたいのが無くて
西荻窪TSUTAYAで借りて
期限ぎりぎりに返却したら

 

まちがえて
自分の駅のTSUTAYAに返却してて
延滞・・・

 

 

 


仕事に行くとき

 

ちょうど電車がくる時間で
これを逃すと次は10分後。
待つのがイヤでダッシュで階段を駆け上がり
ぎりぎり乗れた。

 

なんてラッキー

 

と思いきや逆方向。

 

それも
乗ってすぐ気づけばいいものの
何駅か通過した後に気づく・・・

 

トボトボと
また逆方向に乗って戻る。

 

しかしまた
西荻窪荻窪を聞き間違えて
一駅手前で降りる。

 

また次の電車を待つ・・・

 


ふんだり蹴ったり。

 


逆方向の電車に乗るのは週に一度は
やってしまう。

 

でもここまでひどいのはまれ。

 

 

 

なんかこう
いろんな失敗が重なる
踏んだり蹴ったりな経験
ADHDの人は多いんじゃないだろうか。

 


私も友人もそう。
良いときは良いことが続きやすく
悪いときは悪いことが重なる。

 

なんかこれ
見えない力が・・・
なんて思ってしまいそうですけど

 

いやいや

 

分かりやすい理由がね
あるんですよ。

 


ADHDの人は
一度
失敗したり
イヤなことがあると

 

その気分を引きずります。

 


そのせいで
ちょっとのイヤなことや失敗が
すごく大きく感じるし

 

また・・・何度も起きる・・・
と捉える。
気分がいいときなら
イヤなことが重なっていても気づかない。

 

 

 

また
同じ失敗をするんじゃないか
同じことが起こるんじゃないかと

 

不安になります。

 


それで
緊張しながら色々やるから
余計に失敗する。

 

不安で自信をなくしながら色々やるから
パフォーマンスが落ちる。

 


こんなことになっている。

 

 

 

だから

 

気分の切りかえが大事。

 


私も毎日
切りかえ切りかえ。

 


毎日失敗ばかり。

 


わけもなく
「はっはっはっ」と笑ってみる。
(もちろん心の中)

 


デキるとこはデキる女の私が
こういう部分。ギャップ萌。
ドジな自分カワイイ
なんて思う。

 


まるで他人事のように
出来事を俯瞰し
笑う。
(私たちの失敗って人がやってたら笑えません?)

 

 

 

人に迷惑をかけて
落ち込まない姿って
不謹慎そのものではあるんだけど

 

ADHD
落ち込めば落ち込むほど

 

反省ができない。
人の気持ちが分からなくなる。
わけです。

 


だから

 

なんか落ち込んだ気分になって

反省してるつもりになっちゃうADHDの人は

ご注意。


自分が迷惑かけたら

反省して、相手の気持ちもくまなきゃいけないけど

その落ち込みが

反省できない原因です。

 

その場で

落ち込んだアクションは

とったほうがいいのかもしれないけど

 

心の中では

 

「あーあ。やっちまった」
ぐらいにとらえると

 

そのあと 

冷静に

 

そっか。
あの時ああすれば未然に防げたか。
次はこうすれば上手く行くか。
あの人をイヤな気持ちにさせてしまったな。

 

なんて考えられるようになる。

 

無責任を推奨しているんじゃなく

こういうふうに

冷静になるための段階をふまないと

ADHDは反省できないし

失敗続きになってしまう。

 


気分の切りかえをして
落ち込まないようにすることが

 

失敗を減らすし
イヤなことが重なりづらくなる方法。

 


ADHD
いやになっちゃうけど
落ち込むと余計にダメになっちゃうよ
ってことは
知っておきましょう。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com