読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

心の健康・不健康の線引き

みなさんは

心の健康、不健康に
どんな線引きがあるのか
考えてみたことはありますか?

 

 

私は
沢山のクライエントさんと
お会いすればするほど

 


目の前の
人生に苦しんでいる人が

 

心の病気で

 


人生を比較的楽に過ごしている人が

 

心が健康

 


なんて
とても思えないんです。

 

 

 

一般的には
社会に適応できる人が健康
とされています。

 


でも
その社会自体が
いま
病んででいるとしたらどうでしょうか。

 


もしかしたら
社会に適応することに苦しんでいる方が
健康ということも考えられないでしょうか?

 

 

 

私みたいな
一介の臨床心理士
社会について語るのはおこがましいですが
社会全体が
病んでしまっている気がしてならないんです。

 

 

 

たった10数年ですが
昭和を生きて思うのは

 


昭和は

 

 

社会全体に今より余裕があった。
良い意味でお節介だった。

 

なんとなく
元気がない人がいれば
声がけをする。
できることはないかと聞く。

 

顔見知りなだけで
仲間意識がある。

 

私はそれが苦手だったが
社会としてみれば
とても温かかった。

 

今は社会全体に余裕が無く
みんなが忍耐をしている。

 

だから
人に対して忍耐を強いている。
人を気にかけることもできない。
自分を守ることしか頭にない。

 

 

また 

今より
差別的な物言いが多く
配慮に欠ける
デリカシーのない人が多かったが

 

なんだかんだ
同じ人間という気持ちはあって
今より
社会全体が変わった人に受容的だった。

 

今は
差別的な物言いに強迫的に気をつけているだけで
心の中では差別していて
線引きをしているような気がする。
完全に異端を認めないような気がする。
口だけが達者な気がする。

 

 

 そして

小さい頃
大人やお年寄りを見て感じていた。

 

それは

 

自分の経験に自信をもっていた。
自分の目の前のやるべきことをまっとうしていた。
未来に過剰な期待をせずとも
先を見据える強い気持ちを持っていた。

 

そんな大人が多かった気がして
反発はすれども
無意識に尊敬をしていた。

 


今は

 

自分の経験より他者の評価でしか
自分に自信をもてない。
だから
お金や地位や名誉を求める。

 

自分の目の前のやるべきことより
他者や社会の批判ばかりに目がいっている。

 

未来に過剰な期待をして
努力をしないで一発逆転を夢見ている。

 

そのせいで

年齢を重ねても年少者に敬意を持たれないため

大人やお年寄りの自尊心 が低い。

 

 

そんなふうに

社会全体が変わってしまったのではないか

と思うんです。

 

 


私なんかにできることは少ない。
でも
こんな大きな変化を
感じているから

 

社会全体の心の健康を何とかしたい
社会に適応が難しくなっている人を救いたい。

 

そう思わずにはいられないんです。

 

 

 


私がお手伝いしたいことは

 

一般的なカウンセリングのように
診断して
困ったところを治す
ということではないんです。 

 

 

私が伝えたいこと
お手伝いできることは

 


社会に適応することが難しいことは
あなたが間違っているんじゃない。

 

でも
社会に適応しないと偏見の目にさらされるし
快適に生きることも難しくなるから

 

今のあなたで
魂は売らないで
どう社会に適応できるか。

 

社会に適応しながら
どう自分を守っていくか。
それを一緒に考えましょう。

 

ということです。

 

 

 

クライエントさんが
感じる生きづらさ

 

人に病と捉えられてしまうもの。

 

 

 

それは
クライエントさん自身が

 


社会に適応することが難しいということは
自分がいけないという証拠
と思ってしまう反面

 


自分は間違っていない
と無意識に分かっている。

 


その葛藤のせいだと思うのです。

 

 

 


だから
あなたは間違っていないけど

 

悔しいけど

 

茨の道を敢えて選ばず
生きやすくするために
戦略を練っていきましょう。

 

と伝えたいんです。

 

 

 

社会に適応することに苦しんでいる人こそ
社会の良心だと私は信じているから
力を無くしている場合じゃない。
頑張ろうよ。

 

そんなふうに思いながら
カウンセリングをしています。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com