逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

「何のために」「いつまで」耐えるのかを知るだけで心は安らかになる

毎日毎日つらい日々で
力を無くしていってしまう。

 

生きているのも嫌になってくる。

 

そんなことってありますよね。

 


何のために
こんな辛さを味わっているのか

 

いつになったら
この辛さは終わるのか

 


そんなふうに考えますよね。

 

 

 


そうなんです。

 

「何のために」
「いつまで」

 

耐えればいいか分からないから

 

生きるのがつらくなっていくんです。

 

 


もちろん
辛い状況から抜け出すことが出来るなら
それが一番です。

 

でも
そう簡単にはいかないから
みなさん悩んでいるんですよね。

 


それに
辛い状況から抜け出すためにも力が必要です。

 

「何のために」
「いつまで」
が分からないまま耐え続けていたら

 

力を無くして
辛い状況から抜け出すことが出来なくなってしまいます。

 

 


でもそれが分かったところで
状況が変わらなければ辛いままでしょ。

 

そう思いますよね。

 

 


では
ちょっと考えてみてください。

 


今では
筋トレをする人って珍しくないですね。

 

あんなに痛いことを
自主的に
しかも何度もするって

 

冷静に考えると不思議じゃないでしょうか。

 


何故そんな筋トレをするかといえば

 

皆さんもご存知のように

 


健康のために筋肉が必要だとされていて
筋肉がつくとスタイルが良くなると分かっている。

 

筋肉をつけるためには
筋繊維を破壊して修復するので痛みが伴うことも知っている。

 

望む筋肉量によって
どれだけの時間のトレーニングが必要かだいたい分かっている。

 


だから筋トレをするんですよね。

 


これが
「何のために」
「いつまで」
が分からないでやることになったら?

 


あの焼け付くような強い痛みが
なんの意味もなくて

 

毎日毎週
いつ終わるかも分からないまま継続させられたら

 

多分
相当混乱すると思いませんか。

 

 


注射もそうですね。

 

血液検査のため
病気の予防や治療のため
だと分かっていて

 

だいたい
どれくらいの頻度が必要か分かっているから
耐えられる。

 


もし分からなかったら?

 


なんの意味もなく
あんなものを刺されて

 

何度も何度も
毎月繰り返されたら

 

単なる拷問で
恐怖でしかないですよね。

 

 


大げさな例えになりましたが

 

どれだけ
「何のために」
「いつまで」
が分かっていることが大事なのか伝わったでしょうか。

 


人生のつらさも
こんなふうに

 

「何のために」
「いつまで」
が分からないから

 

とてつもない不安や恐怖
混乱
無力感
に襲われていることが多いんです。

 


理由が無ければいけないなんてこともありませんが

 

辛いときほど

 

自分が何のために耐えているのか
いつまで耐えればどんな変化が望めるのか
を分かっていなければ

 

力を無くしていってしまい
心の健康を保つのは難しくなってしまいます。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com