読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

自分に厳しすぎる人こそ気分のコントロールが必要② -自分を否定し続ける-

自分に厳しすぎる人は

 

つねに自分の問題点を探し続けます。

 

「自分のここがいけない」
「自分にはこれが足りない」

 

問題点を探し続け
それをしらみつぶしにしていけば

 

完全に近づける
と思って頑張っているんですね。

 


たしかに
その通りな気もします。

 

しかしこれには
大きな間違いがあるんです。

 

 

 

自分の問題点ばかり探して
そこばかり見ている

 

そうしたら
どうしたって

 

自分は問題点だらけの人間のような
気がしてきませんか?

 


本当はみんな
問題点もあれば優れている点もある。

 

むしろ自分に厳しい人であれば
優れている点の方が多いはずです。

 


それなのに
自分の全体像を見ようととせず
自分の問題点にばかり注目するので

 


自分は問題点ばかり

 

自分はダメ

 


という思いを持つようになってしまうんです。

 

 

 

自分に厳しすぎる人は
こんなふうに自分を否定し続けることになり
なかなか自分を肯定できません。

 


自分を肯定することの大事さは
このブログで沢山述べてきましたね。

 


自分を肯定できなければ

 

・自分を嫌いになり人を嫌いになる

 

・自分に関心を持てなくなり自分を知ろうとしなくなり
 自分が分からなくなる

 

・自信がなくなり勇気が無くなる

 

 

 

せっかく問題点を改善して
完璧を目指していたはずが

 

自分を嫌いになって意気消沈して

 

人を嫌いになって関心を持てなくなって
コミュニケーションが難しくなって

 

勇気が無くなって動けなくなったら

 


意味がないですよね。

 

 

 

もちろん
お分かりだと思いますが

 

問題点を探して改善しようとすることが
いけないわけじゃないんです。

 

「問題点だけを見続ける」
ことがいけないんですね。

 


ちゃんと
自分の優れている点
平均的な点など

 

全体像をとらえた上で
問題点を探せばいいんです。

 


じゃあどうしたら
そうできるんでしょうか。

 

 

 

ここで必要なのが

 

気分のコントロール

 

なんです。

 

 

自分に厳しい人は
真面目になりすぎる。

 

真面目がいけないわけではなくて

 

真面目になりすぎると
ちょうどいい緊張感を保つことができなくなり
パフォーマンスが下がります。

 


大事なのは

 

「真面目ではなく真剣になる」

 

ことなんですが

 

みなさん
ここを混同していて
どんどん真面目になっていくんですね。

 


真剣になるためには
ほどよいリラックス感が必要になります。

 

ほどよいリラックス感があって
目の前のことに集中して真剣になれるんです。

 


真面目になりすぎている人が
ほどよいリラックス感を手に入れるためには

 

絶対に
気分のコントロールが必要になります。

 

 

 

気分のコントロール
「遊び」の要素が多いので

 

頭の良い人や
真面目な人は苦手で
やろうとしないんですね。

 


そして
いつも気分が悪い

 

真面目になりすぎる

 

というループに陥ってしまう。

 

 

 

自分に厳しすぎる人に必要なのは

 

現状を打開するために
さらに自分に厳しくしていくことではありません。

 

難しいですが

 

人生に「遊び」を取り入れることです。

 

 

文字通り遊ぶこととは

ちょっと違います。

 

文字通り遊ぼうとすると

ただ疲れてしまったり

ただ現実逃避で終わってしまったりします。

 

 

どんなことでもいいから
自分が面白いと思うことをやってみる。

 

人から首をかしげられるようなことでもいい。

 

 

 

童心にかえってふざけてみる。

 

赤の他人の前でなければ
何歳になっても
子どものようにはしゃいでいいんです。

 

 

 

自分のことや他人のことを
笑い飛ばしてみる。

 

真面目になるとただ批判したくなることも
見方を変えると

意外と笑えることはあるものです。

 

 

 

こんな

 

一見バカらしいことこそ
自分に厳しすぎる人に必要なことなんです。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com