読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

自分を肯定すれば自分を変えられる②-自分を知ることで自分を肯定できる-

私がこのブログで

力を入れて書いているのは

 

なぜ今

 

そんな言動をとってしまうのか

 

そんな困難を抱えてしまったのか

 

といった理由です。

 


そんなことはいいから

 

「早くやり方を教えてよ」
「どうしたらいいのよ」
なんて声が聞こえてきそうです。

 


でも自己啓発には
この
「なんで自分が今の状態なのか」
の理解が絶対に必要なんです。

 

 

 

一般的に
自己啓発と言えば

 

どうすれば身につけられるか

 

ということが
明快に書かれていますよね。

 


これが
「すぐに答えを知りたい」
というみなさんのニーズにマッチしていて

 

こういう本がヒットしたり
明快に述べている人が高評価を得ていたりする。

 

 

 

私はこれに対して
ずっと胸を痛めています。

 


みなさんも
もう何度も繰り返していて分かっているはずです。

 

「分かった!明日から変わる!」
と思った次の日から

 


何も変わらない日常を。

 

頭では十分に分かっていて
やれると思っていたのに
全然出来ないことを。

 


こんなことを繰り返しても
娯楽になるなら
それもまたいいと思います。

 


だけどこれ
困ったことに
マイナスの影響があるんです。

 


簡単に出来ると書いてあるのに出来なかった

自分は能力がない

 


多くの人は出来るみたいなのに出来なかった

自分は人より劣っている

 


何度も自己啓発をしても出来ない

自分は学べないし変われない

 


こんな信念をつくりあげてしまう。

 


ただ単に
自己啓発本の売り上げのために

 

簡単と書いてあるだけ
誰でも出来ると書いてあるだけ

 

どんな自己啓発でも

 

頭で分かっても行動にうつすのは難しいだけ
今の自分にあった方法でなければ役に立たないだけなのに

 


自己肯定感をどんどん下げていってしまう。

 

 

 

ダメ!
本末転倒!!

 

自己啓発には
絶対に自己肯定感が必要なんです。

 

 

 

最初の話に戻ります。

 

自己啓発には
「なんで自分が今の状態なのか」
の理解が絶対に必要だと言いました。

 


それは何故でしょうか。

 


例え話をします。

 


同級生と
同時にサッカーを始めて

 

死ぬほど努力をしたのに
周囲より上手くならない。

 

どうしたって
落ちこんで自分の能力を疑って
やる気なんてなくなります。

 


でも実は

 

筋肉の病気があって
努力をしても運動能力が上がらなかった

 


同級生は
そこでサッカーを始める前から
他でサッカーをやっていたり
同時に別の場所で練習をしていた

 


こんなことが分かったらどうでしょうか。

 

 

 

自分の努力不足だとか能力不足なんて
思わないはずです。

 

こんな理由があったのに
よくここまで頑張ったな
と思えるはずです。

 


不利な状況でも
サッカーをやるなら

 

今の自分の状態を知って
今出来ることを探して
そこからやっていこうとするはずです。

 


こんなふうに
自分が今の状態である理由を知らなければ

 

今の状態を把握しなければ

 

ただ
自分を否定し続けることになりませんか?

 


みなさんは
こんなことになっているんです。

 


理由も分からず
自分を否定することをやめる。

 

そうやって
自分を肯定できるようになって
自分の今の段階にあったところから
自分を変えていけるようになるんです。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com