逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

人を褒めれば幸せになる

褒めるということ。

 


褒めることで
相手に好かれよう

 

なんて目的をもって褒める。

 

褒めて好かれると言っても
そのときだけで
その好意は
長続きするものではないですけどね。

 

近頃こんなふうに
スキルとして
褒めることを使おうと推奨されている。

 

それだけ
自然に褒められない人が増えているようです。

 

 

 

褒めることって
その場だけ好かれるなんてことより
もっともっと素晴らしいことがある。

 


なんと
褒めることで幸せになっちゃうんです。

 

 

 

どうして幸せになるか?

 

それは

 

・自分の周囲の人を好きになれる。

 

・自分のことを好きになれる。

 

から。

 


どうですか。

 

ぜひとも
こうなりたいでしょう?

 

 

 

でも褒めるだけでこうなるなんて
にわかに信じがたいですよね。

 

これには
ちゃんと説明できる理由があります。

 

 

 


人間は慣れてしまう生き物です。

 

相手がどんなに良い人であっても
親しくなって
長く過ごすようになると

 

最初はすごいと思っていた良いところが
霞んできたり、あって当たり前だと思ったりします。

 

親しい人の良いところが見えなくなって
あって当たり前のようになる。

 

そうすると当然
親しい人の価値は下がっていく。

 

親しい人をぞんざいに扱うようになる。

 

そして
価値の低い人と親しい自分の価値を低め
ぞんざいに扱う自分に嫌悪する。

 


簡単に言ってしまえば
「褒めること」ができないから
長きにわたって良好な人間関係が続かない。

 

親しくなりすぎると
人に不満ばかりで喧嘩ばかりになってしまう。

 


これが
みなさんによく起きていることです。

 

 

 

これを防いでくれるのが
「褒めること」
です。

 


褒めることで

 

「あぁそうだった。この人にはこんないいところがあった」
「この人ってこんな素晴らしかったんだ」
と思うことができるようになって

 

その人の良さを
再確認したり
新しく発見したりすることができます。

 


こうして
自分にとって
その人の価値が上がっていきます。

 

そして

 

「私はこんな素晴らしい人と信頼関係を築いている」
と自尊心が上がっていきます。

 

 

 

まだまだ
良いことがあります。

 


自分の価値を上げてもらい
自尊心があがったその相手は

 

当たり前ですが
褒めてくれた人を好きになります。

 


こうして
褒める人は人に好かれるんです。

 

 

 

この一連の流れの説明で
お分かりだと思いますが

 

スキルで褒めても
その人の良さの再確認、新発見にならないですから
ちゃんと見て
本当に良いところを見つけてから褒めなきゃいけませんね。

 


私は
これまでの習慣で
自然とその人の良いところが見えるので
褒める癖があります。

 

だから
自分の周りの人が好きで仕方がない。

 

自分のことが好きで仕方ない。

 

 

 

自分の周りの人が好きであること。
自分のことを好きであること。

 

こんな幸せってないんじゃないでしょうか。

 


ちゃんと見て褒めていきましょうね。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com