逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

二分割思考-言われたことを聞けばいいの?聞かなくていいの?-

人に言われた言葉を気にして

 

「私はそうなのか」
「私はそうじゃない!」
なんて揺れて

 

言われた言葉を
受け入れたらいいのか
拒絶していいのか分からなくて

混乱していませんか?

 


ちょっと待ってください。

 


人から言われた言葉は
絶対に
受け入れるか
拒絶するか
のニ択しかないんでしょうか。

 


人から何か言われると
多くの人が
イラッとしたりムカッとしたりして

感情が喚起します。

 

そのため
思考が停止して
この二分割思考になってしまいます。

 


落ち着いて考えてみましょう。

 


場合分けをしてみます。

 


まず
実はあなたに言葉をかけた相手が

能力不足の場合。

 

 

あなたがプロの画家だとします。

 

そして
あなたの絵に対して
「なんだこの絵は。へたくそ」
と言ってきた人がいます。

 

身なりはきちんとしていて
地位や名誉もある人。
でも
これまでに
絵や芸術にまったく触れてこなかった人。

 

さあどうでしょうか。

 

いくら偉い人でも
絵なんて分からない人です。

 

あなたが参考にしなければいけない助言は
それなりの経験に裏付けられた審美眼のある人からのもの
なのではないでしょうか。

 

 


次に
あなたに言葉をかけた相手の持つ情報が

不足している場合。

 

 

あなたはプロの職人だとします。

 

あなたは一万回に一回しかミスをしない
素晴らしい才能を持っています。

 

その才能を見極めようと
ある人が見に来ました。

 

そのとき
運悪く
その一万回に一回の失敗をしてしまいます。

 

また一ヶ月後
その人が見に来たとき
あなたは手にケガを負っていて
また失敗をしてしまいます。

 

そして
その人は
あなたに対して「失敗が多い人だ」
と評価しました。

 

どうでしょうか。

 

この場合
評価する人の情報が少ない上に

悪い部分だけを切り取られていて

情報不足を想像力で補おうともしないで
正確な評価ができていません。

 

いいところを見てもらえなかったことは残念ですが

 

事実として
あなたが一万回に一回しかミスをしない
素晴らしい才能をもっているということが
失敗が多い人に変わることはありません。

 

 


こんなことが
日常でも起きています。

 

偉い上司
その仕事でやり手の人
偉い先生
などに

 

もし自分のことを
ダメだしされたら

 

あぁこんなすごい人に言われたから

自分はダメだ
と思いがちです。

 


でも
よく考えて欲しいんです。

 


その言葉を言った人は
もしかしたら

 

自分がやる技術をもっていても
人を見る能力はないかもしれません。

 

あなたの言動を切り取って見ていて
全体をとらえていないかもしれません。

 


結局正当な評価じゃないですよね。

 


じゃあ
全部拒絶すればいいのでしょうか。

 

いいえ
違います。

 

ここに大事な情報が入っています。

 

人を見る目が無い人に

こういうふうに見られやすいということが分かる。

 

自分の一面にこういうところもある

ということが分かる。

 


だから
どんな言葉であっても
「一理ある」
そう思って欲しいんです。

 

決してそのまま受け入れる必要はないけど
ちょっとだけ利用できる情報は入っているから
「一理ある」

 

そんなもんでいいんです。

 


ここで
あなたを正当に評価してくれる人の
見極め方をお教えします。

 


あなたを正当に評価してくれる人は

同時に
あなたのプラスの面も褒めてくれます。

 

そして
目に見えないあなたの努力も
見ようとしてくれます。

 

あなたを切り取らないし
自分の知らない時間もあることを想像できる。

これが
ちゃんと正当な評価をしてくれる人です。

 


今は
こういう人がなかなかいないので
みんな無駄に人の評価に苦しんでいるんですよね。

 

 

人のマイナス面だけを見つける。
そんなことは
バカでもできます。

 

暴言を吐きました。

 

とにかく
マイナス面だけをあげつらう人の言葉を
気にする必要はありません。

 

そういう人は
「一理ある」だけで
全体を見る能力がない残念な人なんですから。

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com