読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

幸福感とは

幸せになる整理術
幸せを呼ぶメイク
必ず幸せになる言葉づかい

 

いま何となく考えてみましたが
実際あったらすみません。

 

幸せって題名につけるだけで
飛びついてもらえて
本が売れそうな気がしますね。

 

 

 

とにかくみなさん

 

幸せになりたい

 

と思っていますよね。

 

 

 

それはそうですね。
不幸になりたいわけがない。

 


ここで幸福感について考えます。

 

幸福ではなく
幸福感です。

 


一般的な幸福とは
普遍的なものとして捉えられているようです。

 


お金に余裕があって
成功者で
名誉もあって
愛されている

 

こんなような感じでしょうか。

 


たしかに
これらが揃っていれば
不幸では無さそうです。

 

 

 

ところが

 

実際は

 

これらが揃っていても

 

こころが満たされていない
幸福感が低い

 

人がいるんです。

 


信じられないですよね。

 

 

 

そう信じられないんです。

 

それは
あなた自身が

 

今これらをすべて手に入れたら
幸福
と思うからですよね。

 

 

 

では
これらをすべて手に入れても
幸福と思えない人は
なぜそう思えないのでしょうか。

 

想像できますか?

 

 

 

幸福感というものは
主観的なものです。

 


いくら高価なものであっても
いくら沢山の物が揃っていても

 

そこに欲しいものがなければ
幸せではないかもしれない。

 


いくら欲しいものであっても

 

ずっと手に入れ続けているうちに飽きてしまって
幸せを感じられないのかもしれない。

 


いくら欲しいものであっても

 

当たり前のようにそこにずっとあったら
幸せを感じられないかもしれない。

 

 

 

こんなことがあり得るんです。

 

 

 

幸福感というのは

 

これがあれば誰もが幸せ
と定義できるものではないんです。

 


人がなんと言おうと

 

自分自身が感じる幸福なんです。

 

 

 

みなさんは

 

この
人から「幸福」と認定される「幸福」と

 

人から「幸福」と認定されない「幸福感」

 

これをごっちゃにして
振り回されているように見えます。

 


振り回されて居るどころか
近頃は
人から認定される「幸福」しか
目に入らないようになってしまっている。

 


お金や地位や名誉や愛

 

幸福は手に入れるのが大変そうです。

 


でも幸福感は
誰にだって手に入れることができる。

 


このことを
幸福感のカテゴリーで書いていきたいと思います。

 


まずは
幸福と幸福感の違いを
よく理解してから読んでいってください。