読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

二分割思考-褒めればいいの?叱ればいいの?-

思考のコントロール

子どもを育てる

部下を育てる
何かを教育をするとき

 

必ず語られるのが
褒めればいいのか叱ればいいのか

 

ということですね。

 


褒めれば
自分を肯定できるようになって
伸びる

 

叱れば
萎縮してしまい実力を発揮できない

 

でも
褒めたら
ストレスに弱い子になる。

 


褒めたらいいの?
叱ったらいいの?
どっち?

 

ってパニックになっている。

 

  

これも
ただ褒める
ただ叱る

 

の二つしかないと思っているんですね。

 


比較的
上手く育てたという実感がある人
上手く育ててもらったという実感がある人

 

はもうお分かりだと思いますが

 

どっちが良かった
なんて言い切れないのではないでしょうか?

 

そう
褒めればいいか叱ればいいか

結論なんて出るはずがないんです。

 

 


何故かというと
問題は二つあります。

 


一つめは

 

褒めることも
叱ることも
実は簡単なことではなくて

 

ちゃんと褒める

ちゃんと叱る
ことができて始めて上手くいくんです。

  


二つめは

 

誰がどんなタイミングでやるか
が重要であり

 

それが合っていなければ
どんなに
褒めても叱っても上手くいくはずがありません。

 


これが
具体的にどういうことかを
説明していきます。

 

 

 

一つめ。

 

ちゃんと褒める
ちゃんと叱る
とは
どういうことでしょうか。

 

あなたが思う褒めるとは
どんな感じでしょうか。

 

失敗しても良いところを探して褒める。
そんなにいいと思わなくても褒める。

 


そんなご機嫌とりのような
褒め方を想像していませんか?

 


これが大きな間違いです。

 

人間はみんな褒められたら嬉しい。
なんて言いますね。
それはそうでしょうね。

 


でも
何のために褒めるんでしたっけ?

 

その子
その人を伸ばしたいんですよね。
喜ばせたいんじゃないんですよね。

 

そしたら
現実に即して
その相手の良いところを見なければいけません。

 

 

現実に即しているからこそ


当人も「確かにそうだ」と思え
自信につながるし
ちゃんと見てもらっているという安心感も得られる。

 


叱ることは
その場では軋轢が生まれる可能性がありますが
相手のためを思って悪役になって
(おまえのためを思ってと口にすることは悪役になっていない)
現実に即して言うことができれば

 

当人も「悔しいが確かにそうだ」と思え
自省ができるようになり
ちゃんと見てもらっているし
自分のために嫌なことを背負ってくれたと思える。

 


この
現実に即して
褒めたり叱ったりすることがすごく難しい。

 

相手をかなり詳細に観察して
良いところも悪いところも
ちゃんと見なきゃいけない。

 

自分の感情は絶対に入れてはいけない。
感情を入れてしまうと
機嫌がよければ褒め
怒ったときに叱る
これでは現実に即していない。

 

 

 

二つめ。

 


誰がどんなタイミングでやるか
が重要。

 

普段から
信頼関係が築けていないのに
急に褒めても叱っても
届くわけがありません。

 

 

そもそも
信頼関係ありきで
褒める叱るの話ができるのに

 

信頼関係を築けていない状態で
褒めればいいか叱ればいいかが
論じられている。

 


普段から
ちゃんと相手を見ている。
一貫している。
それでこそ
やっと相手に言葉が届くんです。

 

 

それだけではなく
タイミングも重要です。

 

自信を無くしているときに
事実に即して叱っても届きません。

 

とんとん拍子にうまくいきすぎているときに
事実に即して褒めても
有頂天になるだけです。

 


このように

 

褒めればいい
叱ればいい
で考えてもしかたがなく

 


人を育てるには

 

相手をよく見なければならないし
自分が一貫していなければならないし
自分のタイミングではなく
相手のタイミングで伝えなけらばならない。

 

これが必要なのです。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

 

 

訪問ありがとうございます。
クリックしていただくと、困っている方にこのブログを届けることができます。
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ