読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

境界性人格障害⑮-自分が無い-

ボーダーが治るまで

私は自分がどんな人間か分かりませんでした。

 

いつも瞬時に
目の前の人の望む人間像をとらえ

 

頼りがいを出したり
おどけてみたり
おとなしくしたり
女らしくしたりした。

 

一瞬も気を抜けず

 

つねに
目の前の人間の反応をじっと伺う。

 

喜んでくれた。
これでいいんだ。

 

笑顔が減った。
何かがいけない。

 

不満そう。
もっと頑張らなきゃ。

 

こんなふうに
尋常ではない努力を休まずに続けていました。

 


自分がどう考えるとか
自分がどう感じるとか
そんなものは一切なくて

 

自分が楽しむことも学ぶことも無く
自分がまるで何も経験していないようでした。

 


ただただ
目の前の人の望みを叶えるためだけに生きている。

 

ずっと
目の前の人にもてあそばれる人形のような感覚でした。

 


だから
ボーダーは
自分が無く
空虚であり
中身が無いと言われるんです。

 

このように生きていたら当たり前です。

 


ボーダーの行動は
人を苦しめ振り回し
加害者と言われるのは当たり前です。

 

でも
無意識に反射的に
これだけ
自分を無くして人のために尽くしてしまうことの
空しさはどれだけのものか。

 

そして
加害的な振る舞いは
虐待や機能不全の家庭で苦しみつづけ
そこから形成されたものです。

 

ずっとつらい思いをしてきて
さらに
自分を無くして生き
人に忌み嫌われる。

 

事実として
これがボーダーの姿です。

 


ボーダーの行動は許してはいけない。
でも
頭のおかしい人間でもなければ
わがままに好き勝手に生きているわけではない。
このことは分かっていてほしいんです。

 


そしてボーダー側も

 

私はこういう人間
なんて思っちゃいけない。
行動を正当化しちゃいけない。

 

これだけずっと
つらい思いしかしてきてないからこそ
何とかして
自分を作っていかなければならない。

 

私たちは
たった10数年の出来事の呪いにかかっている。
大変な呪いです。


でも

人生はその何倍も長いんです。

自分のために生きなきゃいけない。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com