読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

境界性人格障害⑪-自己犠牲-

ボーダーは

とにかく自己中心的で
人の気持ちなんて一切考えない

 

そんなふうに言われています。

 

それは
確かにそうで
否定できません。

 

だけど
それはネガティブな面を切り取っている。
私はそう思います。

 


ボーダーは
自己愛性人格障害演技性人格障害
同じグループに分類されている。

 

しかし
自己愛性人格障害演技性人格障害
ボーダーは明らかな違いがある。

 

それは
前者は搾取的であるのに対して
ボーダーは搾取もするが自己犠牲的でもあるということ。

 

ボーダーの一面を切り取れば
確かに搾取的に見える。

 

それは
自己犠牲的な面を忘れて去られているから。

 


私は元ボーダーだから
ボーダー寄りのことを言ってしまうかもしれません。

 

でも事実として
ボーダーの被害に遭った人は
ボーダーから何も得ていないなんてあり得ない。

 

もし本当に搾取的なところしか無かったというなら
その人は
自己愛性人格障害演技性人格障害を併発していたはずです。

 


ボーダーの問題は
自己犠牲的なところにある。

 

愛情を得るために
狂ったように自分勝手に自己犠牲的に尽くす。
そして
自分が人のために尽くせるからこそ
人も自分のために尽くせると思っている。

 

だから
人に求めすぎてしまう。

 


私も
人を愛することは自己犠牲もいとわないこと。
そう勘違いしていました。

 

これまでの私の人生を一言で言えば
自己犠牲
自他ともにそう認めるほどです。

 

沢山の人を傷つけて振り回してきたけど
それと同じぐらい
沢山の人を愛して尽くしてきた。

 


ボーダーが治って
人を愛するためには自己犠牲はいけない。
やっとそう気づいた。

 


自己犠牲をして喜んでくれるのは
私のことを愛していない人。

 

本当に私を愛している人は
私が自己犠牲をして苦しんでいる姿を見ていられないと
苦しいからやめてほしいと言ってくれる。

 


私が責任を持って最後まで愛するためには
自己犠牲をして途中で倒れてはいけない。

どんなにその時全力で愛したくても
最後の最後まで自分を保って愛し続けなきゃいけない。

 

このことが

やっと分かったんです。

 


ボーダーが治る過程には
自己犠牲をやめる
という苦しい作業が必ずある。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com