読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

悪い性格はすべて悪い癖


私は透視ができます。

 

なーんて
あやしいあやしい。

 

私はそういうのは苦手です。

 


でも
本当に多くのクライエントさんに

 

「怖い!なんで全て分かるんですか?」
「竹田さんは透視ができるんですか?」
「もう隠しても無駄ですね」

 

と言われてきました。

 

 

でも

これは単純な話なんです。

 

 

目の前のクライエントさんが
自分の情報を提供してくれると

 

その悩みが何故起きているかが
これまでの沢山のクライエントさんの知見から
推測できる。

 

 

そして
これまでの沢山のクライエントさんの知見から
その悩みをもつ人の共通の癖が推測できる。

 

これがなかなかハズレない。

 

 


このことで
私がはっきりと分かったのは

 

クライエントさんが
自分だけの悪い考え方、振る舞い
自分だけの性格の悪さ
と思っているものは

 

ほとんど
同じ悩みを抱える人の共通の癖
だということ。

 


みんな
おんなじような原因で
おんなじような悪い性格(に見られる言動)になるし
おんなじように悩むし
おんなじように治っていく。

 

私にとっては
本当に単純明快です。

 

 


じゃあ
なんで簡単に変わっていかないのか
っていう話ですよね。

 


それは
<自分の性格は自分が作りあげる①>
でも言いましたが

 

本人が
その単なる悪い癖を
自分の性格のせい
と考えることで

 

変わらない
強固なもの
とイメージしてしまっている。

 

そしたら
変えようなんて思えるわけがないし
変えられるなんて希望を持てるわけがない。

 


だから
カウンセリングでは
クライエントさんの情報を聞き取ることも大事ですが

 

悪い性格(に見られる言動)が
それは単なる癖だ
ということを
ご本人の人生から
根拠を持って説明して理解してもらう
のがとても大事で大変なこと。

 


それで
このことについて
私がもう確信しているのは

 

クライエントさんが
悪い性格(に見られる言動)から
良い性格(に見られる言動)に変わって

 

自分が180度変わったようだ
と言うとき

 

必ずみんな言うのが
「だけど自分は全然変わっていない」
ということ。

 


結局

 

自分をどうそのまま表現するか
という問題だけだから

 

その表現が変わって
上手く表現できるようになったところで

 

自分の感じ方や想いは
ずっと変わらずにあったわけで
自分が変わらない感じがするのは当然。

 


あと

 

悪い癖が無くなってくると
私は透視が出来なくなります。

 


これも当たり前で
私はみんな共通の悪い癖のことを
分かっているだけなので

 

個人個人の感じ方や考え方なんて
分かるわけがない。

 


だから
クライエントさんのことを
分からなくなってくると
私は嬉しくなってわくわくする。

 

それは
癖が無くなって
自分らしく生きている証拠だから。

 


悪い性格はすべて悪い癖。
ただ習慣を変えていけばいい。