読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

もことちゃこは仲良し

猫と私

もことちゃこは
仲良しなのです。

 

すこし寒くなると

 

こんなふうに
「ちゃこ寒いね」
「もこ我慢よ」
てな感じで寒いアピール

f:id:lilcafe:20160225155618j:plain

 

これじゃ
お互いあんまり
あったかくなさそうなのに。

 


よいしょ

f:id:lilcafe:20160225155639j:plain

 


これ
どこがあったかい?
あたまと・・・
つまさき?

 


みょーん

f:id:lilcafe:20160225155704j:plain

 

そうそう
ちゃこはお腹
もこは背中
があったかい。

 


どすん

f:id:lilcafe:20160225155726j:plain

 

究極に暖をとろうとしたら
こんな形に。
見た目悪いね(笑)

 

最初のが
一番可愛かった。

 


この二匹は
本当に仲良しで
自分のごはんをとられても怒らないのです。

 

たとえば
ちゃこが食欲あって
先にパッと自分のを食べ終えて
もこがよそ見をしていると
ちゃこがもこの皿に首をつっこみ食べる。

 

そこで猫らしく
もこは怒るかと思いきや
じっとちゃこが食べるのを見ている。
そして完食される。
もこは空のお皿をなめ
こちらを見て悲しそうにする・・・

 

もう可哀想で
すぐに足してあげますけどね(笑)

 

逆もあって
ちゃこのごはんを
もこがとっても
ちゃこは
「あ、食べる?」
という感じで見てるんです。

 

不思議な二匹。
二匹とも食が細いとかではなく
ごはん大好きなんですよ。

 

仲良しなのは嬉しいけど
もうすぐ9歳。
もし先にどちらかが亡くなったら
片方はどうなっちゃうんだろうと
今から心配で。

 

私自身の心配もあるけど
私はずっと前から覚悟もあるし
何が起きたか把握できるし
気持ちの持って行きようもある。

 

でも
猫は
何が起きたか分かんないだろうし
ただずっと一緒だった子がいなくなって
寂しいだろうなぁと。
うぅ泣ける。

 

そのために
3匹目をずっと検討しているけど
2匹の甘えでいっぱいいっぱいの今
老猫になってから新しい猫のストレス
色々考えると難しい・・・