読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

執着をやめたときに幸せがやってくる

執着をやめましょう

執着から解き放たれましょう

 

みたいな
自己啓発や宗教の教えを
よく目にします。

 

なんとなく

良いことなんだろう

なんてことは分かりますが
理由がちっとも分からない。

 

 

執着って
何なんでしょうか。

 

 

とにかく変化が怖い。

何も失いたくない。
失うと次がない気がしている。

こんな気持ちを抱いている人

何かに執着していないでしょうか。

 

 

執着をしている人

それを大切にできていますか?

 

 

自分にとって大切だから
執着しているんだ
そう思いますか?

 

 

ところが
執着することと
大切にすることは両立しません。

 

 

大切にすることとは
それを重んじること
心を配り丁寧に扱うこと。

 

何かを重んじるためには
自分の事を一旦置く必要がある。

 


執着ということは
それから離れまいとすること。

 

 

自分の事を一旦置くどころか
自分の気持ちが最優先になってしまっています。

 

 

離れないことに策を講じることに
心を奪われ
心を配って丁寧に扱うなんてできない。

 

どうでしょうか。

 

最初は大切だったはずが
執着になった瞬間
大切に出来なくなるのです。

 

 

誰だって
自分を大切にされたい。

執着したら

自分が失いたくない気持ちばかり出てきて

人の気持ちより自分の気持ちばかり見るようになる。

 

どんな人とだって
上手く行かなくなる。

 

 

物の美しさや良さを実感しながら
持っていることを嬉しく思いたい。

執着したら

ただ持ちつづけることにこだわって
その物の良さに気づけなくなる。

 


自分の置かれている環境はより良いものを選択していきたい。

どうしたら良くできるか考えていきたい。

執着したら
ただ漫然とそこに居続けること
変わらないことにこだわって
より良い環境は得られない。

 


こんなふうに
執着をすると
大切に出来なくなり

 

どんどん幸せから遠のいていってしまう。

 


変化が怖い
慣れ親しんだものがいい
その気持ちはよく分かります。

 

でも
今持っている物を
大切に出来なくて良いんでしょうか。

 

幸せから遠のいていっていいんでしょうか。

 


執着を止めることによって
執着に力を使う必要がなくなり
自分に余裕ができます。

 


いらないものを捨てることで
新しい
より良い物が手に入る。

 

執着を止めて
より良い物を手に入れて
幸せに近づいていきましょう。