逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

現代の閉塞感は便利で快適な環境によるもの

ここ最近の世の中の閉塞感は

なんなんでしょうね。

 


自分の周りとか職場とか地域とか
そんな狭いくくりではなく

 

日本、いや世界的に閉塞感が漂っていて

 

不安が高まっているような気がしませんか。

 


完全に私のひとりごとですが

人類の心の未来を危惧していることを聞いてください。

 


心理学用語で
アフォーダンス
という用語があります。

 

簡単に説明すると

 

環境側が人間の行動を促進する性質のこと。

 


例えば

 

ドアノブをひねろうとする

 

イスに座ろうとする

 

水に触れたら気持ちよさそうだと思って触れる

 

芝生では座り、砂利の所では座らない

 

 

当たり前のようにやっていることですが
実は私たちは


環境の用途や機能を読みとって行動しているんですね。

 


言い換えれば
環境に動かされているということです。

 

 

 

エーリッヒ・フロム
「自由からの逃走」
を読んで

 

まさに現代に起きている問題だと私が感じた一節

 

p134
「人間はみずからの世界を建設した~
 ~逆に人間の作った世界が人間の主人となった」

 

 

 

人間が快適で便利な未来を実現しようと
様々なものを生みだしてきた結果

 

結局は

人間が快適で便利なものを選択して利用するのではなく

快適で便利なものに合わせて生活をするようになって


知らず知らずのうちに選択の自由を奪われているんです。

 

 

 


「より快適で便利なものを求めるのが当たり前」
そんな考えを持っていないでしょうか。

 

 

 

快適で便利なものを求めることが
いけないと言いたいんじゃないんです。

 

 

でも

何のためにそれを求めているんでしょうか。

 


体を動かす必要があった作業を

便利なもので楽をした結果
運動不足になって

エクササイズをする

 

時間がかかっていたことを

便利なもので時間を短縮した結果
余った時間の暇つぶしに苦心していたり
より多くのことをやるのが当然の風潮に追い立てられている

 


本末転倒ですよね。

 

 

快適で便利なことを

きちんと考えて利用するとしたら

 

例えば

 

趣味のスポーツをしたいけどスポーツをすると疲れる。

家事を楽にしたいから便利な家電を選ぶ。

 

やりたいことが沢山あるから時間が必要。
時間を短縮したいから便利なものを使う。

 

とくに今はやりたいことは無い。
ゆっくり歩いて移動しよう。
手間をかけて掃除や料理をしてみよう。

 


これが
人間が環境に動かされずに
自由に行動を選んでいる姿ではないでしょうか。

 

 

 

何も考えずに
快適で便利な環境を求めているうちに
環境の方に生活を決められて

 

自分が環境を選んでいないことに気づくでしょうか。

 

 

 

快適で便利な環境が当たり前

余った時間で
過酷な労働をするのが当たり前

娯楽をするのが当たり前

 


便利なコミュニケーションツールがあるから
人とコミュニケーションをとるのが当たり前

 


簡単に情報を入手できるツールがあるから
情報を沢山入手するのが当たり前

 


簡単に刺激的な楽しさを与えてくれるツールがあるから
時間をかけたり工夫をしたりして遊ぶことをやめて
より刺激を求めるのが当たり前。

 

 

本当に当たり前なんでしょうか。

 

 

本当は家事や雑用をゆっくりやって

娯楽をする時間を作らないこともできる。

 

 

便利なコミュニケーションツールを使わずに

一定の距離をとって

直接、丁寧なコミュニケーションをとってもいい。

 

 

簡単に情報を入手できるツールはあるけど

情報を入れなくてもいい。

時間はかかるけど

深い情報を入手するために本を沢山読んでもいい。

 

 

簡単に刺激的な楽しさを与えてくれるツールはあるけど

じっくりと楽しむ、ほんわかと楽しむ、繊細な楽しみ方

自然に触れたり

芸術に触れたり

絵を描いたり

本を読んだりしたっていい。

 

 

本当は便利になる前のものを選んだっていいのに


当たり前だと思いこんでいる環境にどんどん合わせて

多数派と同じことをやろうとして

 

自分自身で考えて選択する自由を持つことを無くして

 

なんともいえない不自由な感覚に怒りを覚え

 


人や環境に不満をぶつけている。

 


私は現代の閉塞感が
そんなふうに見えています。

 

これはこれから
どんどん加速していくでしょうね。

 

 

 

だから私は

今では社会に適応できない人の方が
よく考え自由を求めているように感じるんです。

 

環境に洗脳され
思考を停止しなければ社会に適応は難しい。

 

 

 

便利で快適な環境の現代で
思考を停止させずに
はみだしすぎずにいるためには

 

当たり前を疑って
周囲と違うことを恐れず
自分で考えて

自分で選択する必要があります。

 

 


どんな環境でも
心の中は自由にできます。

 


現代の閉塞感は
便利で快適な環境にどんどん合わせていって

自分で自由に感じて考えることが出来なくなっていている。

 

心の中が不自由になっているからだと私は考えています。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com