逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

執着は完璧主義から生まれる

「執着」してますか。

 


執着って
やめたくてもやめられないですよね。

 

自分の意志で
やめられるものではないですよね。

 

 

 

私自身も
執着にはずいぶんと振り回されてきました。

 


自分なりに対処をしてきて
今ではだいぶ執着から解放されました。

 

 

 

生産的でもなければ
幸せも感じない

 

なのに何故
執着なんてしてしまうんでしょうか。

 


これまでのカウンセリングで
執着で悩んでいる人には共通の特徴が見られました。

 


完璧主義の人です。

 


そこで
執着は完璧主義から来ているのではないか
と考えました。

 

 

 

人は途中で終わったものが気になる
という特徴があります。

 


それが完璧主義の人だったらどうなるでしょうか。

 


きっと
途中で終わったものが気になって
完成したくて仕方がなくなるのではないでしょうか。

 

 

 

そうなんです。

 


完璧主義の人は

 

完成しない状態に耐えられないので

 

自分が満足できるまで手を加え続けたり
何度でも挑戦しつづけたりする傾向があります。

 

 

 

後から足すことが可能なものや
やり直すことが可能なもの

 

たとえば
絵や文章などの創作、何かの企画・構成、研究などは

 

根気強くやりつづけることで
大きな結果を残せますね。

 


この特徴は活かされますよね。

 

 

 

でも一方で
この特徴が「執着」に繋がってしまいやすいんです。

 

 

 

ちょっと考えてみましょう。

 


人に対して、つい嫌な言動をとってしまった時
人が見ている前で何かミスをしてしまった時

 


完璧主義を生かして

 

後から足そうとしたり
やり直そうとしたりするとどうなるでしょうか。

 

 

 

その場面は流れていってしまっているし
その場にいる人に目撃されているので
無かったことにしてリセット出来ません。

 


でもどうにかして完璧に近づけたい。

 


だから

 

「そんなつもりはなかった」
「ちゃんと熟慮していた」

 

なんて
そこに居た人に言い訳をしたり

 

 

 

「このぐらいの失敗は大したことない」
「あなたもあの時やったよね」
「みんなやってる」

 

そんな言葉でミスを小さく見せる工夫をしたり

 


「おごるからいいじゃん」
「ここをこうすれば大丈夫」
「私が全部責任を負ってなんとかします」

 

フォローをして無かったことにしようとする。

 

 

 

どうでしょうか。
とても不誠実な人になってしまいませんか。

 


ただ完璧主義で
失敗をやりなおそう
無かったことにしようとしてるだけなんですが

 


そのせいで

 

一度きちんと現状を受け止める

 

失敗によって迷惑がかかった人の気持ちを考える

 


こういう当たり前のことが
出来なくなってしまうんですね。

 

 

 

そこに他の人がいるときに

 

失敗をやりなおすこと
失敗を無かったことにする

 

ここに執着をしても
絶対に無理なことなんですね。

 

不誠実な言動になってしまうんですね。

 

 

 


これだけではありません。

 


完璧主義の人は

 

自分の記憶にも執着して

 

後から足そうとしたり
やり直そうとしたりしてしまいます。

 

 

 

先ほど言ったように

 

その場面は流れていってしまっているし
その場にいる人に目撃されているので
無かったことにしてリセット出来ません。

 

 

 

それなのに

 

過去の記憶を完璧にするということは
どうすると思いますか。

 


さっき
人に対して行ったのと同じようなことをするんです。

 

 

 

過去の思い出したくない記憶を

 

忘れようとしたり
自分の都合の良いように塗り替えたり
後付けをして帳尻を合わせたりするんです。

 


当然
自分に対して不誠実になりますよね。

 

 

 

このブログで書いてきましたが

 


自分に対して不誠実なことは

 

自分を本心を押さえつけることで無理が生じますし
記憶を塗り替えることに無駄に頭を使ってしまいます。

 

心が不健康になりますよね。

 

 

 


まだあります。

 

人に執着してしまうこと。

 


人に嫌われてしまうこと
人と上手くいかないこと

 

これは完璧主義の人にとっては
耐えられないことなのではないでしょうか。

 


人と何事もなく
ずっと仲良くすることを完璧だと捉えていれば

 

それは
何かある度に修復を試みたり
必死につなぎ止めようとしますよね。

 


だから
完璧主義の人は

 

完璧な人間として好かれよう
相手の希望を完璧に叶えようとしても
相手の気持ちが離れていくときに

 

「もっと完璧な人間に」
「もっと完璧に相手の希望を叶えないと」
なんて執着してしまうんですね。

 

 

 

ちょっと考えてみましょう。

 

この完璧の捉え方が間違っていませんか。

 


そもそも
完璧な人間だろうが
相手の希望を完璧に叶えようが

 

実は
人の気持ちなんてどう動くか分からないものです。

 


完璧というのは
自分が相手に出来る限りのことをする。
というところまでなのであって

 

人の気持ちをつなぎ止めることは
完璧を目指して執着をしても無理ですね。

 

 

 


このように

 

物理的に
完璧に出来ないことを完璧にしようとしてしまうから
執着をしてしまうんです。

 


完璧に近づけるとしたら

 

起きてしまったことを全て認めて
次に活かすということしかないのではないでしょうか。

 

 

 

完璧主義の人は

 

何が本当に完璧主義なのかじっくり考えて
建設的な完璧主義を目指して

 

執着から離れましょうね。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com