逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

やっぱり追われたい

おはよーございます。

 

 

 

みなさん恋してますか?

 


私はいつもしてますよ。

 


なーんて
現実では、とんとご無沙汰の私ですが

 

海外ドラマを見て
いつも恋愛をしている気分満々です。

 

 

 

恋愛の話をすると
よく議題に上るのが

 


「追いたいか追われたいか」

 

ですね。

 


女は追われる方が幸せだとか
追われると途端に冷めてしまうとか

 

みんなそれぞれですね。

 

 

 

でもあれですね。

 

よくよく聞いてみると
みんな愛されたいことは
愛されたいみたいなんですよ。

 


じゃあ何で追われたくないんでしょうか。

 

 

 

私の話をさせてもらいます。

 

自慢話だと思われるかなぁ。

 


私は外見はいまいちなのだけど
包容力が半端じゃないせいかモテた。

 

そして
育ちが育ちなので
愛情飢餓が強かった。

 


だから
とにかく恋人を切らさない生活を送っていた。

 

 

 

でも
ADHDなので自由を奪われるのが大嫌いだった。

 

 

 

恋愛を経験して
大きな葛藤を抱えることになったのは

 


付き合うという形をとった途端に

 

ものすごく私の自由が奪われる

 

 

 

付き合うという形をとらなくても
私に大きな愛情を持つ人ほど

 

ものすごく私を不自由な思いにさせる

 

ということ。

 

 

 

愛情飢餓があった私は

 

てっとり早く寂しさを埋める為には
恋愛が不可欠だったけれど

 

どうにもこうにも不自由。

 

 

 

愛されたいけど
愛されると面倒

 

そんな矛盾をいつも抱えてました。

 

 

 

そんな私に救世主があらわる。

 


私に愛を求めない。

 

私に負担がかかるからと自分の気持ちをしまいながら
ただそばにいてくれる。

 

私に恋人がいるときもいないときも
友人としてただ想っていてくれる。

 

付き合う可能性はゼロでも
一緒に過ごせることだけでいいと思ってくれている。

 

 

 

こんな神様のような人

 


こんなことは長く続くはずはなく
二年ぐらいで終わりを迎えましたが・・・

 


この経験で

 

いやいや
追われることって悪くない

 

ちゃんと愛してくれるって
こういうことだよね。
って思ってしまった。

 

 

 

まぁ極端な話かもしれないけど

 

でも
本当に大きな愛って
相手を不自由にはしないんじゃないかと思うんです。

 


愛している相手が望むことが自分の望み
一緒にいられるだけでいい
みたいにね。

 

 

自由にしてもらえるなら
追われるってやっぱりいいと思いません?

 

 

私は

 

「こんなに愛しているのに」
なんて言葉に不自由にされるから

 

10年以上
恋愛から逃亡してしております。

 

 

 

 

年齢的にそろそろ需要は無くなってくるでしょうが

 

死ぬまでには
自由な恋愛をしようと私は思っておりますよ。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com