逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

時間の経過を感じたい

おはよーございます。

 


もう年末ですね。

 

Twitterばっかり書いていて
ブログにはあまり近況を書いていなかったけど

 

私は去年と変わらず
年末年始に向けてダイエットをしておりますよ。
<食べる前にダイエット>

 

 

 

年をとると時間の経過は早いっていうし
実感もあったけど

 

これほどまでに早いとは。

 

今年は本当に早すぎた。

 

 

 


〇今年の私の気持ち

 

 

 

明けました今年も頑張ろう

 


あら
あっという間に暑くなった
もう夏か

 



もう年末  ←ここ!

 

 

 

この間の私の意識はどこにいってるんだろう。

 

 

 

ボーッと過ごした一年っていうより
むしろ逆で

 

毎日必死で
集中してやることが多かった。

 


季節の移り変わりを感じる時間が無かったなー

 

書いてて気づいたけど
目の前のことに集中しすぎたからか。

 


これは寂しいなぁ。

 

 

 

私の生活って本当に変化がない。

 

 

 

移動は中央線の数駅のみ。
仕事はマンションの一室で一人。
クライエントさんと二人きりで話す。
終わったら家で猫と過ごす。

 

ほとんど毎日この繰り返しで

 

休みも週1のみで
雑用で終わることが多く
遠くに出かけるとか旅行なんてとんでもない。

 


こんな感じなので
意識をしなかったら
時間の流れを感じられなくなる。

 

 

 

みなさんも

 

子どものように
分かりやすく成長を見守る対象がいない人

 

周囲の人間関係がほとんど変わらない人

 

仕事内容がほとんど変わらない人

 

昇進や異動などステップアップや環境の変化がない人

 


私のように
時間の流れを感じるのが難しいんじゃないでしょうか。

 

 

 


私が時間の流れを感じる時って
どういう時かなぁと考えてみると

 


クライエントさんの成長かも。

 


はじめましてで会ったときは
状態がすごく悪くて
私のことも警戒していて

 


3ヶ月くらい経つと
大きな変化が現れてきて
私とも親しくなってくる。

 


半年経つと
はじめとは別人のようになってきて
私と深い関係になってくる。

 


一年経つと
カウンセリング前の自分を忘れるぐらい
いきいきとして新しい悩みに取り組んでいる。
私にしっかりと頼れるようになってくる。

 

 

 

だいたいのクライエントさんは
同じような経過を辿っていくので

 

子どもの成長を見守るように
クライエントさんの成長で
私自身の時間の流れを感じられる。

 

 

 

だけど子どもと違って難しい所は

 


分かりやすく
体が大きくなっていくわけではない

 

学校のように
分かりやすい現実的な変化が少ない

 

つねに一緒にいて
長い時間を過ごしたわけではない

 

 

 

こんなふうに
時間の流れを感じるのも
カウンセリングの心の変化だけだと
すごく難しいんだよね。

 


それに
何が悲しいって

 

子どもと違って
何年も一緒にいられるわけじゃない。
ずっと成長を見守れるわけじゃない。

 

リセットされる感じ。

 


1、2年かけて育てたら卒業
次の人が入学

 

という感じだから
時間の流れは感じるけど
リセットされて

時間が積み重なっている感覚が味わえない。

 

 

 

だからカウンセリングだけに集中していると
私の時間が積み重なっていく感じがしないんだろうなぁ。

 


そりゃ
あっという間の一年だ。

 

 

 

時間の流れを感じること
時間が積み重なっていく感覚を無くすのは
心の健康には悪い。

 


私自身ももっと
時間の経過を意識していかないといけないな。

 

 

 

ひとつね

 

これから
卒業したクライエントさんで集まって何かをやれたらいいな
と思ってる。

 


もちろん希望者のみでね。

 

〇〇塾じゃないけど

 

私のカウンセリングを受けて卒業した人で
コミュニティを作れたら面白いし
私もその後を見守れるしいいなー

 

 

 

これはまだ先の話で
今出来ることを考えると

 

もっと
現実の季節の移り変わりに目を向けて
自分の成長にも目を向けて
ずっとそばにいてくれる人の成長に目を向けていくことかな。

 


時間の積み重ねを意識する。
私にとっては難しいことだけど
これは心の健康には大事なことだな。

 

みなさんも
時間の積み重ねを感じるように意識していきましょうねー

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com