逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

心を強くする方法②

<心を強くする方法①>

 

動じないこと
弱音を吐かないこと
人に頼らないことは

 

心が強いことにはならないということが
お分かりいただけたと思います。

 


では改めて

 

「心の強さ」
とはなんでしょうね。

 

 


私が考える

 

「心の強さ」は

 


・何があっても受け入れて立ち上がる

 

・自分に誠実である

 

・自分や人を信じている

 

・自分の人生に責任を持っている

 

 


人生は

 

トラブルの連続です。

 

人との繋がりは絶てません。

 

自分で何とかしなければいけません。

 

自分と一生つき合っていくものです。

 


これは変えられない事実ですよね。

 


この変えられない事実と向き合いながら
生きていくことで得られるものが

 

「心の強さ」になるのではないでしょうか。

 

 


現実から目をそらしたくなることもあるし
時にはそうしたって良いですよね。

 

でもそらしたままでは
自分にとって不都合な現実がずっと目の前にあることになります。
そして余計に目をそらしたくなる。

 

現実から目をそらしつづけながら
目の前に不都合な現実という恐怖が迫っている。

 

これでは
心を強くなんて保てるわけがありませんよね。

 

 

 

 

ではどうしたら
この現実と向き合う

 

「心の強さ」

 

が手に入るでしょうか。

 

 


それは

 

自分の思い通りに生きること

 

だと私は考えています。

 

 


自分の思い通りに生きると言っても

 


自分勝手な行動をとる
人を思い通りにコントロールする

 

なんてことではありません。

 


これでは
ただの迷惑な人になってしまいますね。

 

 


「自分の思い通りに生きる」とは

 

「好き勝手に生きる」
という意味ではなくて

 

「自分を自由自在にコントロールして生きる」
という意味です。

 

 


自分を自由自在にコントロールして生きることが
どう心の強さにつながっているの?

 

と思いますよね。

 

 


では

 

あなたは
どんなときに
心が弱くなってしまいますか?

 


感情がコントロールできない
努力できない
気持ちが上げられない
など
自分が思うようにいかなくて
不安になる

 


やりたいことがあるのに
思うように出来なくて
無力感がある

 


何かあったらどうしたらいいかと考え
対処できない
人は助けてくれるだろうかと
不安になる

 


こんなことで
心が弱くなってしまうのではないでしょうか。

 


でもこれは
自分を自由自在にコントロールできれば
全て解決してしまいます。

 


自分を自由自在にコントロールできれば

 


自分の感情や気持ちややる気をコントロールできる。
→自分は大丈夫だ。

 

自分がやりたいことに勇気を持って向かえる
→自分の思い通りに進める。

 

何かあっても淡々と対処ができる。
傷ついた気持ちも対処しながら癒していける。
→自分は何があっても立ち上がれる。

 


こんなふうに
大きな安心が得られるんです。

 


そして
この大きな安心が
結果的に

 

現実と向き合っていける力になるということも
お分かりいただけるのではないでしょうか。

 


自分をコントロールしたくなってきましたね。

 


<過去も他人も変えられる>
でも書きましたが

 

過去も他人も変えられるけど
「コントロールは出来ない」
ですね。

 


正確には
かなりの労力を要する上に
少ししかコントロールできない。

 

過去や他人をコントロールしようとすれば
思い通りにいかないとイライラして
疲れ果ててしまいそうですね。

 


上手くいかないところに労力を使って
力を使い果たしていたら

 

いつまでたっても
効率よく力を使えません。

 


私もなかなか分からずに
無駄なところをコントロールしようともがいていました。

 

日常に置き換えるとどういうことか分からないし
目の前のことに必死で
分からなくなってしまうんですよね。

 


自分のことがコントロールできないと悩んでいる人は
過去や他人をコントロールすることに
力を使ってしまっている人がほとんどです。

 


過去の自分の記憶を消したい
過去の経験さえ変えられれば今の自分が変わるのに
他人が私を不快にさせている
他人が思い通りになれば私も思い通りになるのに

 

こんなふうに考えては
力を使ってしまっている。

 


心を強くするためには

 

過去や他人をコントロールしようとせずに

 

自分自身を変えようとし続ければいい。

 


私はそう考えています。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com 

 lilcafe.hatenablog.com