逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

過去も他人も変えられる

「過去と他人は変えられない」

 

自己啓発と言えば
この言葉

 

というくらい
本当によく聞く言葉ですね。

 


確かに
この考えを基にして生きると
よりよく生きられそうです。

 


でも
ちょっと考えてみてください。

 


本当に過去も他人も変えられないのでしょうか。

 


私は
過去も他人も変えられるけど

 

「思い通りには変えられない」

 

だけではないかと思っています。

 

 

 

確かに
過去に起きた事実は変えられませんよね。

 


でも
皆さんが変えたいと思っているのは
ほとんどの場合

 

過去の記憶ではないでしょうか。

 

 

 

忘れたい記憶がよみがえってきてつらい

 

出来事全体ではなくある場面ばかり浮かぶ

 

もう実際はどうだったか覚えていないけど
自分がこうだったと思いこんでいる記憶が浮かぶ

 


こんなふうじゃないでしょうか。

 

 

人間の記憶は
かなり曖昧な部分が多いとされています。

 

同じものを目撃しても
人によって証言が食い違ったりするのは
このためです。

 

記憶を思い出す度に
自分で作り替えたりしてしまうんです。

 

 

 

今、持っている過去の記憶は

 

自分の思いこみで出来ていて
自分で書き換えていることが多い。

 

誤解をしている部分や
見逃している部分も多い。

 

 

 

だとしたら
どうでしょうか。

 

過去の記憶を新たに書き換えることは可能ですね。

 

 

 

過去の出来事を思い出すのはつらいけれど
人に聞いてもらいながら話してみる。

 

そうすると
同じ出来事に違う視点が加わって

 

その時は気付かなかったことに気付くことがあります。

 


ある場面で
その人はこういう意図を持っていたと思っていたけど
実は
悪気は無かったのかもしれない。
むしろ善意があったのかもしれない。

 


ある場面で
自分がやってしまったことを
すごく恥じていたけど
実は
恥ずかしいことではなかった。
間違っていなかった。

 


ある場面で
自分は腹が立ったと思っていたけど
実は
悲しかったんだ。
寂しかったんだ。
恥ずかしかったんだ。

 


こんなことに気づいたりします。

 


こんなふうに
過去の記憶は変わっていきます。

 


これが
私がカウンセリングでしていることです。

 

 

 


また

 

他人は自分の思い通りにはできませんね。

 


自分を変えずに
他人を思い通りに変えたいと思うと

 


文句を言ったり
感情で支配しようとしたりって

 

子どもの頃はしますよね。

 


それを
大人になってもしてしまうと
人間関係を難しくしてしまいます。

 


子どものように人をコントロールして
行動だけ思い通りにできたとしても

 

心の中まで思い通りにはできません。

 


どんな人にも感情も自尊心もあります。

 

とりあえず
思い通りになったとしても

 

必ず人は心の中で
不満や怒りが溜まっていくんです。

 

心の中まで思い通りに出来たとしたら
その人が自分を失っているときだけです。

 

 

 

このように
他人は思い通りに出来ません。

 

だけど
他人を変えることは出来ます。

 

 

 

みなさん経験があるんじゃないでしょうか。

 


自分が変わることで

 

他人の自分への反応が変わってきた。

 

他人の自分への関わり方も変わってきて
かけられる言葉も変わってきた。

 

 

 

例えば

 

嫌な相手にも笑顔を向けたり接し方を変えたら
相手の接し方もやわらかくなった。

 

自分の主張ばかり押しつけていた時は
言い分を聞いてもらえなかったのに
自分が引いてみたら理解してもらえるようになった。

 

自分の話を聞いて欲しくて
人の話を聞かないでいた時は
人と上手くいかなかったのに
自分の話をするより人の話に耳を傾けるようになったら
人と上手くいくようになった。

 

まくしたてるように話していた時は
疎まれていたのに
落ち着いて話すようにしたら
じっくりと聞いてもらえるようになった。

 


こんなふうに
自分が変われば
確実に相手の反応は変わっていくんです。

 


自分が変われば
他人も変えられる。

 

これが事実ではないでしょうか。

 

 

 

私は

 

過去も他人も変えられる

 

という思いを持っていて良い

 

むしろ
そうやって希望を持ちながら
自分を変えていって欲しいと思っています。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com