逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

自分じゃ自分の姿は見えない

おはよーございます。

 


一年ぐらい前にバナナにはまっていたんだけど
またそのブームがやってきた。

 

朝、バナナが食べたくてしょうがない。

 


朝バナナって
響きはダイエットっぽいけど
私の場合

 

バナナを食べた後にご飯を食べるから
ただ太っていくけどね。

 


いやバナナだけじゃ
朝足りないでしょうよ。

 

キレてみた。

 


今日もバナナを食べようといそいそとキッチンへ。

 

冷蔵庫にあったバナナを一本もぎとると
それは非常に小さかった。

 


・・・これは二本いっちゃいましょう。

 

さらにもぎとる。

 


二本のバナナを持ち
キッチンからリビングへ。

 


うちはキッチンからリビングに行く途中には
全身鏡がある。

 


ふと目に入った私の姿。

 


すっぴんにスウェット
両手に一本ずつ持ったバナナ

 

 

 

なんだこれーーー!!!

 


完全に

 

バナナで戦って最後に生き残った人

 


いやーひどい。

 

バナナを両手に一本ずつ持って
面白くない人はいないだろう。

 

 

それでさ

 

無理矢理
心の話に持って行くけどね

 

人って
こんなふうに

 

鏡で確認しながら日常生活なんて送れないから
自分では気付かない滑稽な姿ってあるよね。

 


人は恥を何とか避けたいと思っているよね。

 

笑わせるのはいいけど
笑われるのは嫌だよね。

 


だから
人に自分をさらせないし

 

失敗を必死に避けようとしてる。

 


分かるよ。分かる。

 


でもさ
私がつねづね思っているのは

 

大して恥ずかしくないことを大きく恥ずかしがって
非常に恥ずかしいことを平気な顔をしてやっている

 

ってこと。

 


これは私だけの考えかもしれないけど

 

もっとも恥ずかしいことって

 

誤魔化そうとしている姿とか
「おまえもな」

 

って思われることだと思ってるのよ。

 


ダメなことをやっても
やってしまったといさぎよく認める姿

 

人に対して何かを言ったとしても
自分も同じ部分があると認める姿

 

これは
それほど恥ずかしくないと思う。

 


なのに最近ものすごく目に付くのは

 

やってしまったことを
必死に隠そうとして
誤魔化そうとしたり記憶から抹消しようとしたり
無かったことにしようとする姿

 

自分だって全く出来ていないのに
人に対して偉そうに
指摘したり批判したり教える姿

 


もーーー
めちゃくちゃ恥ずかしいじゃないですか。

 


私はこれほど恥ずかしいことはないと思っているし

 

だから
ダメな人は好きだけど

 

自分のことを分かっていない
認めない人は
見ていられないから苦手。

 


みんな
失敗を避けるより
自分を知ろうぜ認めようぜ

 

って思うんだよ・・・

 

 

 

結局この確認作業ってどうするかというと

 

日常の自分の姿は
鏡で見ることも
録画することも出来ないから

 

人の反応や言葉を必要とするんだよね。

 


人から何か言われたり反応をされるのは
本当に傷つくけどさ

 

一つの情報としては大事。

 


人の評価が正しいわけじゃないし
人目を気にしすぎたら不自由になる。

 

でも
「自分はそう映ってるんだな」
「多数の人にはそう見えるんだな」
「この言動はそう誤解されやすいんだな」

 

ていう程度は知っていかないと
自分のことは分からないよね。

 


人目を気にしすぎて
にっちもさっちも行かなくなる人が多くて

 

だから
じゃあ人目なんて気にするな!

 

って急に逆側に振り切っちゃうけど

 


気にしなくてもいいけど
自分に対する情報は収集しないと

 

自分のことは分からないよ

 

って私は思うんだよね。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com