読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

人の言動を悪くとってしまう②

どうしたら
人の言動を悪くとることをやめられるんでしょうか。

 


まずは

 

相手の言動で
「なんでこんなこと言うんだ!するんだ!」
と思ってしまうところまではいいんです。

 

ここからどうしていくか考えてみましょう。

 


あなたはその相手も
自分と同じような考え方をすると思っていませんか。

 


でもよく考えてみてください。

 

ひどいことを言われた!と思った相手は
当たり前ですが
あなたとは全く違う人間なんです。

 


あなたとは
違う環境で育ち
違う経験を積み
違う人間関係を築いています。

 

だから
その言動をとった理由は
あなたと同じ理由からではないかもしれないんです。

 


つまり

 

「自分だったらこう考えてこうする」けど

 

「相手はこう考えたからこうしたかは分からない」

 

ということです。

 


相手の言動に対して
「嫌だな」
と感じることは自由ですが

 

だからと言って
「こんな意図があるからひどい奴だ」
というのは事実とは違うかもしれないし分からないんです。

 

 

 

私も長らくこれで
人の言動を悪くとってきました。

 

私はあまり考えなくても人に気遣いができる。
何かをやるときはじっくり思考をして決める。

 

だから
人もそうだと思っていました。

 


これは大きな間違いでした。

 


気遣いをされないと
「自分のことを嫌っている」
「自分のことを軽んじている」

 

失礼なことをされたら
「あえて私に攻撃をしている」
「私のことをそう扱って良いと思ってこうしている」

 

と憤慨していました。

 


実際はそうじゃないんですよね。

 


余裕がなくて
気遣いができない人は沢山いる。

 

自分が気遣いしすぎるだけで
人はそこまで気遣いはしないし出来ない。

 

人は考えずに行動をすることが往々にしてある。

 

人は普段から私ほど考えていない。

 

 

 

だから

 

気遣いをしないことは
私に対して何かのメッセージが含まれているわけではないし

 

失礼なことも同様で

 

その人が考えてから行動をしていないだけで
悪気なんて無いことが多いんですよね。

 


今になって分かったことです。

 


人の言動を悪くとってしまうと

 

毎日

 

なんで
この人はこんなことを私にしてくるんだろう。
こんなことを言うんだろう。

 

と本当に嫌になっちゃいますね。

 

 

 

でも

 

「こんな悪気があるから許せない!」

 

ではなく

 

「悪気がないことは分かるけど
 自分はこうされたら嫌だ!」

 


というふうに
微妙なところですが詳細に捉え直しましょう。

 

そうすれば

 

人の言動を悪くとることが減っていきますよ。

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com