逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

人の言動を悪くとってしまう①

あなたは人を悪くとる癖がありませんか。

 

人の言葉や
人の行動をすぐ悪くとってしまう。

 

これでは人を好きになれるわけがないし
あとになって勘違いに気づいて
自己嫌悪に陥って

 

良いことがないですよね。

 

早くやめたいですね。

 

 

 

どうして
こんなふうになってしまうんでしょうか。

 

 

 

あなたは

 

「自分がやっていることを人もやる」
「自分が思っていることを人も思う」

 

なんて思っていませんか?

 


対人恐怖ではありませんか?

 

 

 

自分が人の言動を悪くとってしまうかどうか
分からない人のために

 

例え話をしますね。

 

 

 

遠くの方から
まだあまり親しくない友人が歩いてきた。

 

その友人がこちらを見ていたので
あなたは挨拶をしようと手を上げた。

 

そしたらプイッとよその方に行ってしまった。

 


このとき
あなたはどう思うでしょうか。

 


ここで

 

「ひどい!無視された!」
「私、何かやったかな」
「私は嫌われているんだ」

 

なんて思う人は
人を悪くとる癖があるんじゃないでしょうか。

 

そのあと
聞いてみることもしないで
この友人を避けるようになったりして
人間関係が悪くなっていくような経験無いでしょうか。

 


そうでない人は

 

一瞬同じような考えがよぎるかも知れませんが
すぐに

 

「あぁ気づいてなかったのかな」
「もしかしたら目が悪いのかも」
と他の可能性を考えます。

 

そして後日
「こないだ見かけたけど
 違う方に行っちゃって声をかけられなかったよ」

 

と話すこともできます。

 

 

 

実際にこのような状況で

 

本当に相手が気づかなかったり

 

こちらに連れがいるので
気遣いで声をかけなかっただけだったりするようなことは
良くあることです。

 


なのに

 

自分が対人恐怖だから

 

知り合いを見つけるのが早いし
知り合いを見つけても避けようとしたりするのに

 

「相手もそうだ」
と思ってしまうんですよね。

 

 

 

他にもあります。

 


人が自分に苦言を呈してきたら
攻撃されたと思う人いませんか?

 

「なんでこんなことを言うんだ!ひどい!」
と怒ったり

 

人に本音を言う人は
何も考えていないと軽蔑したりしませんか?

 

 

 

こういう人は
自分が人に信頼感を持てないから

 

人に対して

 

「好かれるために本音を隠すしかない」
「好かれるためには良い顔をするしかない」
「苦言は嫌いな人を攻撃するときだけ」
と思っているのに

 

人も同じだとと思いこんでいるんです。

 

 

 

実際は
人に信頼感を持っている人は

 

嫌われても
自分に誠実にいることを選択しています。

 

自分のことより人のことを考えていたりします。

 


だから
勇気を持って本音を話していたり
その人のために
わざわざ言いたくないことを言うこともあります。

 

このことが理解出来ないんですよね。

 

 

 

もちろん

 

そうは言ったって
言われたくないと感じることはありますよね。

 


言われたくない思うことはいいんです。

 

でも
助言や苦言は攻撃だと決めつけてしまうのは

 

実際はそうではないこともあるし
感じなくても良い怒りを感じて
自分が損ですよね。

 

 

 

このように
人の言動を悪くとってしまうとダメ
というのではなく

 

本人がすごく損をするということを知っておきましょう。

 


人の言動を悪くとれば

 


悪気の無い人に攻撃をしてしまいます。

 


それにより

 

自分を大事にしてくれる人
自分を好意的にとらえてくれる人を遠ざけてしまいます。

 


表面的に自分に良い顔をする人
自分を利用するために良い顔をする人を周囲に集めてしまいます。

 


その結果
どうなるでしょうか。

 

人間不信が加速していきますよね。

 


大変なことです。

 


人の言動を悪くとることは
絶対に改善していきたいですね。

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com