読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

人に期待をしていこう

人に期待しちゃいけない。

 

なんてことが良く言われています。

 


勝手に期待して
勝手に落胆するほうがいけないんだ

 

ということですね。

 


私はこんなふうに「期待」を論じられることが嫌いです。

 

 

私は
人に期待することが
何より人を救うと思っているからです。

 


「期待」には

 

「悪い期待」と「良い期待」がある。

 


「悪い期待」とは

 

人に期待しちゃいけないと言われている方ですね。

 


あなたが「期待」をして
裏切られたと思うとき

 


「こうしてくれると思ったのに」
「この人能力はこんなものか」
「こんな結果は受け入れられない」

 

こんなふうに思っていませんか。

 

 

 

これは
その人に期待していると言うより

 

その人が自分の思い通りになることを望んでいて
勝手に落胆しているんです。

 

 

 

こんな「悪い期待」をされている方は
たまったもんじゃありませんよね。

 

その人の思い通りじゃないだけで
がっかりされる。
否定される。
能力が低いと決めつけられる。

 


その人の思い通りにしなければ
その人は満足しない。

 

これじゃあ
なんにも自分の思うように出来ません。

 


クライエントさんの多くは
親にずっとこういう「悪い期待」をされてきて
自分が何がしたいのかが分からなくなってしまっています。

 

それはそうですね。

 

親を満足させたいと思うのは自然なことで
親が思い通りじゃなければ満足しないなら
そうするしかなくなります。

 


こんなふうに
「悪い期待」は相手を縛り付けます。

 

恋人や友人にも
こういう「悪い期待」をしていないか
気をつけたいですね。

 

 

 

では
「良い期待」とはどんなものでしょうか。

 


ピグマリオン効果という心理学用語があります。

 

これは

人は人に期待された通りの効果を出す

いうものです。

 

自分ではない誰かが信じることで良い結果が出る。

 


なんとなく知っていた方は多いんじゃないでしょうか。

 

実際に
お子さんに
やってみた人も多いんじゃないでしょうか。

 


でも本当に
「良い期待」が出来ているでしょうか?

 

言葉だけ
「あなたは出来る」と言っていて

 

本当は出来ないんじゃないかと疑っていたり
出来なかったときにがっかりしたり
出来なかったらダメだと決めつけたりしていませんか?

 


これじゃ
「悪い期待」ですよね。

 


「良い期待」というのは本当はすごく難しい。

 

自分が様々な不快な気持ちを抱えることになります。
それもいとわない気持ちが必要です。

 


本当に出来ると人を信じていると

 

出来ると思っているからこそやろうとしないことにやきもきします。
出来なかったときに落胆とは違うショックを感じます。
出来なかったときに感情が揺らぎます。

 


それでも信じているから


本人がやる気を出すまで見守らなければいけない。
ショックを受けても本人の方のショックをケアしなきゃいけない。
感情が揺らいでも何度でも信じ続けるために気持ちを立て直さなきゃいけない。

 


どうでしょうか。
ものすごく大変です。

 


でも
こうやって信じながら期待することは
人の大きな力になります。

 

自分で自信が持てない人に勇気を与えます。

 


こんな素晴らしいことはないですよね。

 


ぜひ

 

「悪い期待」に気づいてやめていって

 

大事な人に
どんどん「良い期待」をしていきましょう。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

 

lilcafe.hatenablog.com