読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

正しいことにこだわる人は間違っているかもしれない

自分を知る

正しいことにこだわる人は

もしかしたら、間違っているかもしれませんよ。

 


正しいことにこだわって生きている人

 

今はすごく多いですから

 

「間違っている」
なんて言われて

 

イラっとした人
沢山いるんじゃないでしょうか 


「正しい」のに「間違っている」わけがない!
なんて思っているんじゃないでしょうか。

 

 

だけど正しいことにこだわるからこそ

間違えることがあるんです。

 

 

クライエントさんは
ほぼ全員

 

正しさに縛られた状態で
カウンセリングがはじまります。

 


だから
話をじっくり聴いていると

 

「私は間違っていない」
「こういう状況でこう思うのは正しい」

 

という訴えや詳細な状況説明ばかりで
時間が過ぎていってしまいます。

 


この時のクライエントさんの思いは

 

「私をジャッジしてほしい」
「頭がいいなら状況判断をしてくれ」
「私を正しいと言わなければ許さない」

 

というものばかりで

 


これが叶わないと

 

「無能なカウンセラー」
「信用できないカウンセラー」
「私は誰にも理解されない」

 と思う。

 


これがまぁ困ってしまうことで

 

クライエントさんの望みを叶えれば
クライエントさんの問題を大きくしていくことになってしまう。

 

 

 

このようなクライエントさんは

 

・人に判断に委ねて
 人に自分の人生の責任を負わせたい

 

・自分は絶対に間違っていないという
 強い信念があるせいで
 自分の間違えを認めず、人の言葉は聞き入れない

 

・人生の選択は正しいか間違っているか
 人との関わりは正しいか間違っているかだけでいいと思っている

 

というところに問題があるのに

 


「そうですね。あなたは間違っていない」
なんて言った日には

 

もうすごい勢いで
このような問題が強化されていってしまうじゃないですか。

 

 

 

ところがね
このようなクラエントさんは
本当に間違っていなかったりもする。

 


本当に心から
「クライエントさんは正しい」
と思うこともある。

 


ただ

 

これは部分的に正しいだけだということを
カウンセラーもクライエントも分かっていなきゃいけない。

 


例えば

 

状況説明がAとBとCだけで判断したら
確かにクライエントさんは正しい。

 

でもそこにDという証拠が加わると
一転

クライエントさんが間違っていたりする。

 

 

 

状況をA面だけで判断したら
確かにクライエントさんは正しい

 

でもそれにB面もあることが分かり
一転

クライエントさんが間違っている点もあったりする。

 


だから
クライエントさんが持っている情報だけだけだと
自分は絶対に間違っていないと思ってしまうのもわかります。

 

だけど
狭い部分しか捉えられていないせいで
残念ながら間違っていたりすることが往々にしてある。

 

 

 

さらに

 

このようなクラエントさんは

 

「自分は間違っていないのに何がいけないんだ!」
「間違っていないのに人に疎まれるなんて、それは不当だ!」

 

と怒りを持っています。

 


いえ

これなんですが
恥ずかしながら昔は私もいつも思っていたんです。

 

これも落とし穴。

 

 

 


何がいけないか?

 

それは自分が何を求めているかを
まず考えないといけません。

 


正しければそれだけでいいなら
確かに何も悪くないです。
大丈夫!オッケー!

 

でも
人に嫌われたくない
人に愛されたい

 

なら
そりゃいけないでしょ。
間違ってるでしょ。

 


だって

 

いつも正しいことにこだわって
目を光らせている学級委員と一緒にいたい?

 

いつも完璧に間違わない人と一緒にいたら
自分もそうしなきゃってめちゃめちゃ緊張しない?

 


どうですか。

 

自分だって正しいことにこだわる人と
いたくないですよね。

 

 

 

さらに

 

自分が間違ってしまって落ち込んでいるでいるときに
どこがいけなかったか
とうとうと説明されたいですか?

 

ちょっと悪いこと、バカなことをして
楽しんでいるときに
それは間違っている。それは良くないことだ。
と言われたい?

 

自分が少し良いことができた時に

それは比較的大したことではないだとか
あなただけ褒めるのは公平ではないとか言われたい?

 


ちょっと大げさだけど

 

正しいことにこだわる人は
これと似たようなことを日常的にしてるんです。

 

そりゃ人に疎まれます。

 

 

 

正しいことにこだわる人は

 

自分が正しいことだけで幸せだと
心から思うなら

 

「正しいことにこだわることは間違っていない」

 


人に愛されたい
人に嫌われたくないなら

 

「正しいことにこだわることは間違っている」

 正しいことが必要なこともあるけど

人がそれを求めているのか考えなきゃいけない。

 


この違いをしっかりと考えてみましょうね。

 


私も毎日考えては
正しさに飲み込まれないよう
人に愛されるようにバランスをとっています。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com