読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

私のカウンセリングについて④ーちょうどいいバランスをとるー

lilcafe関連

私のカウンセリングでは

色んな部分でバランスをとっていきます。

 


カウンセリングに来る人は
必ずバランスが崩れています。

 

色んなところで
片方に偏りすぎてしまうせいで
生きづらくなっている人が多いんです。

 


このような人は必ず
片方に偏ったままいるのではなく
端から端に揺れ動くため

 

じつは両方の要素を持っています。

 

その揺れを小さくして
その人にとって
「ちょうどいいバランス」をとっていきます。

 


その人にとって
「ちょうどいいバランス」をとるとは

 

どちらにおいても
メリット・デメリットがあることを知って

 

自分がどの程度のラインで
メリット・デメリットをとるか選択することです。

 


これは沢山の場面で必要なことで

 

全てバランスをとることはできます。

 

 

 

それを具体的に説明していきます。

 

 

 

〇自分に厳しすぎる/ 自分に甘すぎる

 


自分に厳しすぎると

 


メリット
・理性を保てる
・品を保てる
・正しくいられる

 

デメリット
・自信を無くしやすい
・人に対しても厳しくなりやすい
・緊張しやすくなる

 


自分に甘すぎると

 


メリット
・楽ができる
・人に甘えられる
・大らかでいられる

 

デメリット
・罪悪感を持ちやすい
・人にバカにされやすい
・甘えを許されない場面で緊張しやすくなる

 

 

 

自分で自分を甘やかすことも
自分で自分に厳しくすることも難しいので

 

私が「ちょうどよく」
甘やかし、厳しくするということをします。

 

 

 

〇実際の能力に対して
 自信がなさ過ぎる/ 自信がありすぎる

 


自分に自信が無さ過ぎると

 

メリット
・謙虚に見られる
・控えめに見られ目立たない
・色んな責任から逃れやすい

 

デメリット
・自分の能力を発揮できない
・自分と見合った能力の人とつき合えず人間関係が難しくなる
・いつも緊張をしてしまうため
 疲れやすくなり、頭が回りづらくなり、ミスをしやすくなる

 


自分に自信がありすぎると

 

メリット
・自分の能力以上の結果を出せる
・細かいことを考えずに済む
・自分はつらい気持ちになりづらい

 

デメリット
・人の気持ちに鈍感になり搾取的になる
・自分のイメージと実際の自分とのギャップを認められず
 怒りを持ちやすくなる
・傲慢になりコツコツ努力をしたり
 全力を出すことが難しくなる

 


自信が無さ過ぎる所には

 

過去を振り返って
出来ていたことを探してもらい
客観的に自分がどのレベルなのかを知ってもらう。
私が個人的にすごいと思うことを伝える。

 


自信がありすぎる所には

 

見ないフリをしている自分の間違いやダメな部分を
ちゃんと見てもらう。
人にかけてきた迷惑や
人に世話になってきたことを振り返ってもらう。

 


このようにして
現実の自分と見合った
安定した自信を持てるようにしていきます。

 

 

 

〇悲観的すぎる/ 楽観的すぎる

 


悲観的すぎると

 

メリット
・危険を察知し回避しやすい
・危険に備えて心の準備ができる
・失敗が経る

 

デメリット
・リスクばかり考えて行動できなくなり
 大きな成功ができない
・自分も人も暗い気持ちにさせる
・真面目になりすぎて楽しめなくなる

 

 

 

楽観的すぎると

 


メリット
・実力以上の結果が出る
・享楽的に生きられる
・浅く広い人間関係においては豊かになる

 

デメリット
・何も考えずに行動して取り返しのつかないことをする
・全力を出せなくなる
・辛い人の気持ちに共感できず、深い人間関係が築きづらい

 


悲観的すぎる時も、楽観的すぎる時も

 

現実をしっかり見ていない
思考が停止している
という点では同様です。

 

クライエントさんの現在の状況で
どのぐらいリスクがあるのか
どのぐらい可能性があるのか
どれを選択したらどういう結果になりやすいのか
など
しっかりと考えていきます。

 

 

 

〇自分を隠しすぎる/ 自分を開示しすぎる

 


自分を隠しすぎると

 

メリット
・感情を露わにしないで済む
・人にダメなところがバレない
・傷つきづらい

 

デメリット
・人と温かい交流が持てない
・緊張が高くなる
・対人恐怖になる

 


自分を開示しすぎると

 

メリット
・人によっては親密になれる
・我慢が減り、ストレスが減る
・人に許してもらいやすくなる

 

デメリット
・人に甘えすぎたり、人に要求しすぎたりする
・理性を保ちづらくなる
・自分や人を敬ったり、礼儀を重んじることができなくなる

 


これは
<私のカウンセリングについて③-過去を語ってもらう->
で書いたように
人を信頼するという経験をしてもらいます。

 

 

  

〇外向的すぎる/ 内向的すぎる

 

 

外向的すぎると

 

メリット
・気分を良く保ちやすい
・行動力が出る
・嫌なことを考えずに済む

 

デメリット
・自分のことが分からなくなりやすい
・人の評価に振り回されやすい
・全てのことにおいて広く浅くなりやすい

 


内向的すぎると

 

メリット
・ぶれない自分をしっかりと持てる
・物事を深く追求し、丁寧に取り組める
・想像力が豊かになり共感性が高くなる

 

デメリット
・行動することに恐れを持ちやすくなる
・気分転換が難しい
・人の言葉を聞き入れづらくなる

 


外向的な状態では

 

つねに深く掘り下げて話をする。
考えたくない、避けてきた部分の話をする。

 


内向的な状態では

 

気分転換をすすめたり
私と話すことを楽しんでもらったり
勇気を持てるように励ましたりして
行動に移していけるようにしていきます。

 

 

 

 


どうでしょうか
沢山ですね。

 

これだけのことがあるので(まだ書いていないところもある)
カウンセリングは時間がかかります。

 

みなさんも心当たりがあったんじゃないでしょうか。

 


どちらかに偏ってしまうと大変ですね。
いつもぶれてしまって
不安も高くなりますね。

 

自分のちょうどいいバランスを見つけていくことで
自分らしくのびのびとしていきます。