読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

新宿御苑に行ってきた

おはよーございます。

 

 

 

先日
カウンセリングが少し早く終わったので
仕事後に友人と新宿御苑に梅を見に行ってきた。

 


しあわせ・・・

 


みなさんが想像を絶するぐらい
私は毎日、店と家の往復のみ。
朝から晩までカウンセリングや電話相談で
一日を終える。
それも一ヶ月半休みなし。

 

さすがに脳天気な私もストレスがたまる。

 


こんなときは
自然!広いところ!
と決まっている。

 

そこへきて2月じゃないですか。
「梅が見たい!」と心が訴えてきた。

 


私は梅が大好き。

 

桜を好きだという人は多いよね。

 

私は何か
桜はあんまり好きじゃない。

 


桜が大好きな人すみません。

 

桜って遠目で見ると綺麗なんだけど
近くで見るとあんまりな気がするし
散ったところが綺麗じゃないし
私の感覚だとちょっとうるさい感じがするの。

 


梅は枝に対してちょうどいい感じで
花ひとつひとつが美しいし
葉っぱとか花以外の余計なものがない。
つぼみが枝に点々とついているところもなんとも美しい。

 

完全に私の主観ね(笑)

 


色んな所で梅まつりはやってたんだけど
広いところ!っていう望みもあったから
新宿御苑にした。

 

ここ、いいね!

 

思えばもう
16、7年は新宿から電車で15分圏内に住んでるから
気づくの遅いわ。

 


もっと来てたら良かった。

 


井の頭公園とか代々木公園にはよく行ってたんだけど
それに比べても開放感はここが一番!

 


気分が上がって走り出したくなったけど
人目があるし子どもも怯えると思ってやめた。

 

ADHDの友人も全く同じタイミングでそう言ってた(笑)

 


10年前はこの友人とよく公園でフリスビーしてた。
若かった。
(とか言って10年前も31歳・・・)

 


新宿御苑は遊具禁止だからフリスビーは無理なんだよね。

 


歩いてるとき
子どもの「だるまさんがころんだ~」
が聞こえてきた。

 

ふと小さい頃を思い出した。

 


「だるまさんがころんだ」は
どれだけ早く走れるかに主眼を置かれたゲームではないと思うの。

 

私は
どれだけ綺麗にフリーズ出来るか
鬼のフェイントにいち早く気づいてピタッと止まれるか
がゲームの主旨だと思っていた。

 

だから
鬼の時は少し動いたら厳しく言ってブーイングを受け
プレイヤーの時はルールを厳格に守りすぎて前に進めなかった。
なのに

ズルをしながら動いても動いてないと言って大胆に走り
人質を救出してヒーローになる子に腹を立てていたっけ。

 

ADHDの友人も全く同じ思いだったらしい。

 

だるまさんが転んだは「動いた」感覚が違いすぎて
ゲームとして成立しない!
審判がいてほしい(笑)

 


このADHDの友人とは
子どもの頃の話がかぶるので面白くて。

 

私ほど暴れ回ったタイプではないけど
負けず嫌いや自由なところがよく似てる。

 


笑ったのが
ツツジの密を吸ってた話。

 

子どもの頃はよくやるけど
私も友人もそれが異常だった。

 

ひかれるぐらい密を吸い続けた。

 

ツツジの花をどれだけ摘んでしまったか・・・

 


気がつくと自分の周りにツツジの花の残骸が山ほど。
ごめんなさい。

 

私たちどれだけ糖分を欲してたんだろうね。

 

 

 

そうそう。

 

新宿御苑に熱帯植物園があって
これが意外とエキサイティングだった(笑)

 


私は
ものすごく小さいものとか
ものすごく大きいものに興奮する。

 

それはこの友人も一緒なの。

 

ものすごい細部が美しいものとか変わったものを見つけて
教えてくれる。

 

ちょっとしたことだけど
例えばめしべが微妙にねじれているのを見つけたり
花の妙なところの産毛を見つけたりして
二人で興奮。

 


ADHDとかギフテッドって
ミクロやマクロの世界が好きだよね。

 

思い出した。

 

私は顕微鏡が大好きだった。

 

なんにも見えない水の中に実は沢山いた微生物に大興奮し
ちいちゃいミジンコのもがきに感動した。

 

授業中に

なかなか変わらないで同級生に嫌われ
しつこく見るのをやめないで先生に怒られたりして
大人になったら絶対に顕微鏡買ってやる!って思った。

 

20歳ぐらいのときに
顕微鏡の値段にびっくりして
諦めておとなしく欲しかった洋服を買ったっけ。

 


大きいものとか
自分の手に負えない、想像を超える先のものにも魅了された。

 

小さい頃
合わせ鏡をすると
自分の老後の姿が映るっていうのなかった?

 

私もそれをやってみたんだ。

 

そしたら
どこまでも奥に続いていく鏡・・・
そこで気を失いそうになった。

 

じつはそれから未だに合わせ鏡が怖くてやったことがない(笑)

 


あと
数学の時間には
双曲線が漸近線に限りなく近づいていく様子を想像して
恍惚としたり。
あぶない(笑)

 


おっといつものように話がずれすぎた。

 

新宿御苑で癒されてきたよ。

 

これから通おうっと。

 

 

 

ところで
ブログ始めて一年経ったらしい。

 

ぱちぱちぱちぱち。

 

よく頑張った。

 

これからも下らないことから
自分の壮絶な体験
自分の経験から分かったことなど
書いていきます。

 


メッセージ無くしてごめんなさい。
本当に仕事でいっぱいです。
メッセージがなくても
誰かの救いになっているなら私は嬉しいです。

 

だからね
店のホームページの申し込みフォームから
メッセージを送ってくるのはやめてね。

 

感謝は嬉しいけど
それはちょっと逆のことだと私は思う。

 

もしこのブログで救われた!すごく納得した!
って記事があったらSNSで広めてくれたら嬉しい。

 

このブログで救われる人が増えたら嬉しい。

 


これからもブログ頑張りまーす。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com