読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

自分を知って感情をコントロールする

怒りのコントロール

怒りたくないのに怒ってしまう。

 

そんなに怒ることじゃないって
頭では分かっているのに怒りがこみあげる。

 

こんなことって
みなさん結構ありますよね。

 


これって
どうしてこうなるんでしょうね。

 


実はこれにはちゃんと理由があります。

 


人は
程度の差はあれ
皆八つ当たりをして生きています。

 

私ももちろんそうです。

 


自分は八つ当たりなんてしない!

 

したことない!

 


いま心の中でそう思った人

 

ウソですよ。
そんな訳はないんです。

 

どうしたって
しちゃうもんなんです。

 


もちろん
「分かりやすい八つ当たりはしない」
という人はいると思います。

 


私もそうです。

 

毎日八つ当たりをしないよう
つねに考えて生きていますが

 

それでも完璧には防げない。

 

 

 

心の健康のため
自己啓発
カウンセリング

 

などで「自分を知る」ことが
一番大事だとされているのは

 


じつは

 

「自分を知る」ことで
八つ当たりを減らし

 

「自分の言動をコントロールする」
ことをするためなんですね。

 


言い換えると
「自分の言動をコントロールできない」のは

 

「自分が分からない」せいで
他のことで喚起した感情が
違う場面で勝手に出てきてしまうせいなんです。

 

 

 

分かりやすい八つ当たりは
まさにそうですよね。

 

いつもはそんなに怒らないことなのに
イヤなことがあって虫の居所が悪いと
揚げ足をとるように怒ったり
ものすごく大きく怒ったり。

 

 

 

でも意外なところでも
私たちは常に八つ当たりをしています。

 

 

 

なんか分からないけど
好きになれない
イヤな感じがする人がいる。

 

何かされたわけでもなかったり
ちゃんと話したこともなかったりする。

 

それで自分がイヤな感じがするから
この人は「イヤな人なんだ」と決めつける。


これも八つ当たりです。
理由もなくイヤな感じがする人は
過去に
自分に対してイヤなことをしてきた人に
どこか似ているところがあるんです。

 

顔や背格好
声や振る舞い
服の感じ
ちょっとしたところでも似ていると

 

自分はもうそのイヤなことをされたことすら
覚えていないつもりでも
その人を「イヤな人」と思ってしまう。

 

 

 

人の間違いを強く非難したり
正しいことを激しく強要したり
揚げ足をとったりする。

 

自分だって完璧ではないし
言える立場にあるかも微妙だし
良心に従っているわけでもない。

 

それでも
「正しいこと」を主張しさえすれば
強く非難することが許されるし
少し気が晴れるからそれをする。

 


これは
普段自分が我慢している人
自分も義務ばかりに縛られ抑圧されている人が
そのやりきれなさを解消するためにしている八つ当たりです。

 

 

 

トラウマがある人が特に感情コントロールが悪いのも
これで説明ができます。

 

過去に沢山のイヤなことがある。

 

イヤなことなんて言葉では表現できないような
経験があり

 

苦しい経験だからこそ
「忘れよう」
「無かったことにしよう」
とします。

 


でも普通に生活しているだけで
その沢山の苦しい経験で出会ったものに似た
人や物、場面に遭遇することになります。

 

そのたびに
自分では分からない強い感情が喚起することになる。

 

その強い感情を
出してしまって損害をこうむったり
押し込めて心の病気になったりする。

 


これを防ぐために
精神分析のように
過去を振り返って

 

自分はどんな体験をして
どんな時にどんなイヤな思いをしてきたのかを
しっかりと見つめて

 

今起きていることと過去を切り離すことで
八つ当たりを無くしていくんです。

 

 

 

つまり
八つ当たりを減らす為には
自分の今の気分や感情をしっかりモニタリングして

 

それがどこからきているのか
出所をはっきりとさせなければいけないんです。

 

これが難しいですね。

 

 

 

普段よりイライラしているようだったら

 

体調が悪くないか

 

不安に思っていることがあるんじゃないか
考えてみたり

 

 

 

怒りっぽくなっていたら

 

何かイヤなことがあって
まだ自分の中で解決していないんじゃないか

 

何かショックなことがあって
本当は傷ついたんじゃないか
考えてみたりしてみてください。

 

 

 

イヤなことを無かったことにしようとしたり
ショックなことを忘れようとすれば

 

そのときは楽になりますね。

 


でも
それでは

違うときに感情が出てきて困ることになり

 

感情のコントロールがどんどん難しくなることになります。

 


苦しいですが

 

感情のコントロールには
自分の本当の気持ち、感情を知ることが
絶対に必要なんです。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com