逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

近況報告

おはよーございます。

 


きのう
11月なのに東京は雪が降ってびっくり。

 

目の前まっしろ。

 

こういうふうに
交通機関に影響があるぐらいの悪天候や
急激な気温変化があると

 

日頃からストレスを感じやすいクライエントさんは
カウンセリングの意欲がなくなりやすい。

 


だから
キャンセルもあるかなぁなんて思っていたら
みなさん平常運転。

 

おひとりはこんな悪天候の中
遠くから来てくれて
私は感動。

 


ちょっとクライエントさんをなめてたね。

 


カウンセリングは
遅刻やドタキャンは想定内のところがある。

 


クライエントさんにとっては
出かけることや人と会うことがストレスだったりするし

 

カウンセリングは癒されたり楽しかったりもするけど
つらいこともあるからイヤになったりもするし

 

カウンセラーに過去のイヤな人物を重ねて
不信感がつのることもある。

 


そして遅刻やドタキャンに繋がる。

 

 

 

ところが
開業してびっくり。

 

うちのクライエントさんの皆勤ぶり。

 

ドタキャンなんてほとんどないし
遅刻もほとんどない。

 


私だってボーダーだったから

 

どれだけドタキャンしたい衝動があるか
何もかも放り投げたくなる瞬間があるか
なかなか動けなくて遅刻してしまいたくなるか
痛いほど分かるんだ。

 


それなのに
その気持ちと戦って
ちゃんと来てくれる。

 

本当にすごい。
親ばかならぬカウンセラー馬鹿。

 

うちのクライエントさんって素晴らしい。

 


そうそう
ここのところ
ちょうどカウンセリング開始から3~4ヶ月経って
かなり変化が見られて楽になってきて

 

毎週だったのが月に2回になる人が続出。

 


・・・さみしい。

 


びっくりするぐらいの変化を見せてくれて
お互いに大変だったときの話を笑ってできる。

 

こんな幸せはないんだけど

 


毎週話をして
合間に電話で話をして
濃厚に関わってきたところから

 

急に月に2回になるとね

 

さみしいじゃない。

 


自慢じゃないけど
私のカウンセリングって効果がでるのが早すぎるのよね
なんて思ったりする。

 


一年受けて変化が無かった
なんて話を聞くと
不思議で仕方がない。

 


それでね
いつもカウンセリングのペースを
クライエントさんと相談するんだけど
それがだいたい一致する。

 

そろそろ減らそうか?というと
同じように考えていたと言われたり

 

私が言おうと思っていたときに
クライエントさんから
そろそろ減らそうと思ってるんですけどどうですか
と言われたり。

 

これも嬉しいこと。

 


あとね
電話カウンセリング、Skypeカウンセリングのこと。

 

はじめは
男性や遠方の人のことを考えて
対面よりも難しいんじゃないかと思いながらも開始した。

 

ところが

 

実際はじめてみると
その結果は
対面カウンセリングと変わらなかった。

 

途中では
対面カウンセリングよりも
誤解が生じやすかったり
信頼を得づらかったりするけど

 

対面カウンセリングより時間が長いし
私は誤解を必死に解こうとしたりして頑張るから

 


結果的に
クライエントさんが
良くなっていくのにかかる時間は変わらない。

 


これがびっくり。

 

多分
電話カウンセリング、Skypeカウンセリングを受けている人自身が
一番びっくりじゃないかな。

 

実際会っていないのに
電話やSkypeだけなのに

 

近くに感じる感じ
頼りになる感じ
信頼できる感じが出てくる。

 


ブログで私の人となりを
分かってもらっていることもあるのかな。

 


電話やSkype
対面カウンセリングと変わらないと
お役に立てる幅が広がるから本当に嬉しい。

 

 

 

こうやって
良くなっていくと
クライエントさんは

 

「もっと早く竹田さんに出会えていたら」
なんて言ってくれる。

 

リップサービスだと思うでしょう。

 


でもさらに

 

同じような苦しみを抱えながら
本を読んで勉強したりカウンセリングを受けても
どうしようもなくて八方ふさがりの自分のような人に
なんとかして竹田さんのカウンセリングを受けさせたい。

 

なんてことも多くの方が言ってくれる。

 


だから
体験談って集客のためのようなもので
そういう宣伝はいらない
って私は思っていたんだけど

 

「自分のような苦しみを抱えた人に
 竹田さんのカウンセリングを受けてほしい」
と言われるようになってから

 


集客じゃなくて

 

事実として
私のカウンセリングを受けた人が
どんなふうに苦しんできて
どんなふうにカウンセリングで楽になったかを
ちゃんと伝えることって

 

私を必要とする人に見つけてもらうためには大事だし
逆に
私のカウンセリングが合わない人にも
分かってもらえるかも知れない
と考えるようになった。

 


それで
いつになるか分からないけど
クライエントさんにお願いして
カウンセリングの体験談を書いてもらって
それをブログにアップしていこうかと思ってます。

 


宣伝じゃないから
私の悪いとこも書いてもらおうと思うから
恥ずかしいけどね。

 


どうぞ楽しみにしていてくださーい。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com