読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

不快な刺激を減らして気分を良く保つ②-人と距離を保つ-

気分のコントロール

あと

不快な感情が喚起するときといって
思い浮かぶのは

 

対人場面ではないでしょうか。

 


対人場面で
「不快な感情を喚起させない」
なんて
とても難しいですね。

 


でもみなさん
もっとも不快な感情を喚起させられている相手は

 

じつは
自分から近寄っている相手
だったりしませんか。

 


親御さんだったり
友人だったり
恋人だったり。

 


いつも一緒にいるから

 

「なんで分かってくれないの」
「なんでそんなことを言うの」
「なんでそんな行動をするの」

 

なんて
イライラしたり
がっかりしたり
悲しくなったり。

 


不満がいっぱいあって
いつもいつも
不快な感情を喚起させられるのに

 

いつも連絡をとろうとしたり
長い時間一緒にいようとする。

 


自分からそうしてるんですよね。

 

 

 

あるいは

 

あんまり気が合わない友人
あんまり好きではない友人

 

一緒にいても

 

「この人イヤだな」
「つまんないな」
「なんでこんな人といるんだろう」

 

なんて
イライラしたり
落ち込んだりしてしまうのに

 

誘われれば遊んだり
暇だから一緒に過ごしたりする。

 


自分でそうしてるんですよね。

 


多分
不安を解消したり
寂しさを埋めたりするためですよね。

 


私ももちろんそうでした。

 


不安を解消するため
寂しさを埋めるために

 

いつも人と一緒にいて

 

不快な感情がずっと喚起していました。

 


不満が噴出して
その人と時間を過ごしても
良いことはないのに

 

不安で寂しくて
一人でいられない。

 


あるとき
人に不満を持ち続けることに
ほとほと疲れて

 

人と連絡をとるのを減らし
一人でいる時間を増やしました。

 


最初はどうしていいか分からず
寂しくて仕方がありませんでした。

 

でも
不快な感情がすーっと消えていきました。

 

 

 

お伝えしたいことは

 

感情が揺さぶられるなら
人と一緒にいないほうがいい

 

ということではありません。

 

 

 

その人と今
心から一緒にいたいと思えていますか?

 

なんとなく
心のスキマを埋めてくれるから
一緒に過ごしているだけじゃないですか?

 


不安で寂しくても
なんとなく連絡をとりつづけることをせず
なんとなくで人と過ごさず
一人の時間を大事にすることで

 


自分に余裕が出たり

 

今まで近すぎて大事にできなかった人を
大事にできるようになったり

 

不快な感情が
どんどん無くなっていったりするはずです。

 

 

 

そのとき
不快な感情を喚起される人なのであれば

 

いくら不安で寂しくても
一緒にいることで
感情のコントロールがどんどん悪くなります。

 


不安で寂しくても
不満を持ってしまう人と「距離を置く」

 


相手を大事にするためにも
自分の感情をコントロールするためにも
これは必要なことです。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com