読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

カウンセリングのお申込みについて②

またまた

 

カウンセリングのお申し込みについて
いやーなお話をしないといけません。

 


先日
カウンセリングのお申し込みを
停止させていただきました。

 

その前に
カウンセリングのお申し込みは

 

最初の2~3ヶ月は毎週受けられる方

 

と限定させていただきました。

 

 

 

この目的は

 

私がひとりひとりを大事にやっていきたい

 

私のカウンセリングを申し込む方は
ほぼ全員
大きな問題を抱えているため(自覚の有無問わず)
物理的に時間が必要

 

リスクをとらずにリターンを望むような方は
私のカウンセリングが合わないので
自己投資ができる方に利用してもらうため

 

これと同じようなことですが
これだけの金額を払うからこそ
本気で取り組んでもらえるため

 


ということです。

 

 

 

 

ところが
残念なことに

 

私のカウンセリング権を獲得することが
目的な人がいて

 

毎週受けます
本気でやります

 

というところから始まって

 


いざ始めるときに

 

「やっぱり経済的に厳しいので
 隔週でお願いします」

 

「予定が入って一ヶ月しか毎週
 受けられない」

 

「毎週受けないとダメですか?」

 


なんて言い出されるんです。

 


どういうことでしょう・・・

 

 

 

社会人としてどうとか
カウンセリングというものがどうとか
常識的な話より

 

単純に
私との契約の話です。

 

他のカウンセラーさんだったら
こういうことは全く問題じゃないかもしれません。

 


でも私は
人数を限定させてもらっていて

 

必ず結果を出すために
自分のカウンセリングが合う人に
利用してもらっている。

 

だから
契約をすり抜けて
カウンセリングが始まっても

 

カウンセリングの結果が出ずに
お金や時間を無駄にすることになって
損をするのは

 

私ではなくクライエントさんです。

 


どうか
もっと何を目的としているのか
考えてください。

 

私のカウンセリングを一度でも受ければ
なんとかなるなんて思わないでください。

 


私は万能ではないし

 

どちらかと言えば
他のカウンセラーさんより
狭い範囲のクライエントさんしか見られません。

 


私のカウンセリングは

 

支持的ではあるし
精神分析的な関わりは多いですが
おもに認知を変えることで
生きやすくしていくので

 


・現在生活が安定している(援助がある)
・思考力がある
 (頭が良くても過度のストレスで思考が停止している方は難しい)

 


ということが
最低条件になってしまうんです。

 


条件ばかりつけて何様だと
感じる方もいらっしゃると思いますが

 

私は自分の能力で出来ることを理解して
それをきちんと説明して
納得してもらった上で契約を結ぶことが

 

私とクライエントさんの両方を
守ることだと思っています。

 

 

 

というわけで3名の空きが出ましたので
再度新規のお申し込みを開始させていただきます。

 


・最低でも2~3ヶ月は毎週受けられる方

 

・その後はカウンセリングの進み具合で決められる方
 (急に月に1度を希望するなどをしない)

 

・現在生活に大きな問題はなく
 トラウマの解決や認知、性格などを変えることを望んでいる。

 


一緒にカウンセリングを
本気で頑張ってくださる方との出会いを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

関連記事

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com