逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

自分に厳しすぎる人ほど気分のコントロールが必要① -自分を見張りつづける-

自分に厳しいこと

 

これは素晴らしいことですよね。

 

 

ところが
これも良いことばかりではありません。

 


それどころか
自分に厳しすぎるせいで
生きづらくなってしまうことは良くあるんです。

 


自分に厳しい人は

 

つねに

 

・自分を律しようとする

 

・問題点を見つけ改善しようとする

 

・怠けず努力し続け向上し続けようとする

 


こんなようなことが
自分を苦しめることになるんです。

 

 

 

これらがどんな悪影響があるか
どんなふうにして改善できるかを説明していきます。

 

 

 

さきほど挙げたことを
つねにしている人はどんな状態でしょうか。

 


「自分のだらしないところを改善しなきゃ」
「自分のダメなところを見つけて直さなきゃ」
「もっとできるはずだから怠けている」

 

こんなふうにいつも考えている。

 


そう

 

いつも自分を見張っている状態です。

 


いつも自分を見張っていると
どんなことが起こるでしょうか。

 


想像してみてください。

 


誰かにいつも
監視されていて
問題点を指摘されて
怠けることを許されない

 


どうでしょうか。

 

想像するだけで恐ろしいでしょう。

 


自分に厳しすぎる人は
こんな状態なんです。

 


だからいつも
とてつもない緊張状態なんです。

 


このブログでは何度も書いていますが
緊張状態になると
全てのことが上手くいきません。

 


具体的に
どんなことが起こるかというと

 

・頭が回らなくなり視野が狭い思考になる

 

・体が思うように動かなくなる

 

・人といても楽しめなくなり
 コミュニケーションが難しくなる

 

・色んなことに過敏になる

 


これでは
せっかく自分に厳しくして
向上していこうとしているのに
人生がなかなか上手くいかないのも当然ですね。

 

 

 

じゃあどうしたらいいでしょうか。

 

 

 

つねに厳しく監視されているから
緊張するんですよね。

 


じゃあ
この自分を監視している人を
何とかしましょう。

 


何が思いつきますか?

 


私だったら

 

監視している人の目をそらそうとしてみます。

 


これを自分に置き換えると

 

音楽や映画やスポーツなど
自分が集中して楽しめることをする。

 

自分ではなく他人に興味を持つ。

 

料理や掃除など
作業に集中する。

 

こんなふうにして
頑張って自分から目をそらす時間を増やしていくんです。

 

 

 

また

 

監視をする人を
笑わせたり、気分をよくさせて
監視の目をゆるめようとします。

 

これを自分に置き換えると

 


お笑い番組をみたり
自分を笑ってみたり
世の中をナナメにみて皮肉ったり

 

綺麗なものをみたり
ゆったりとした音楽を聴いたり
マッサージにいったりする。

 


こんなふうにして
頑張って自分を見る目をゆるめていくんです。

 

 

 

自分に厳しすぎる人は
さらに頑張ろうとしてしまいますが

 

じつは
それが緊張感を高くしすぎて
パフォーマンスを下げていることに気づきましょう。

 

 

 

監視の目は程よくないと
自分を向上させない。

 

これは
しっかりと理解していきましょう。

 

 

 

自分に厳しい人が自分を向上させるには

 

自分を監視する目を
そらし、ゆるめることが大事なんです。

 

そのために

 

とても馬鹿げたことですが

 

さきほど挙げたような
気分のコントロールを最優先にするしかないんです。

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com