逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

自分の能力を低く見積もることが自分を苦しめる

自己愛性人格障害の人は

周囲に嫌な思いをさせやすく
とても特徴的で分かりやすいため

 

気づかれやすく
よく話題に上りますね。

 


自己愛性人格障害の人は

 

実際の自分の能力よりも
かなり高く自分の能力を見積もっています。

 


でも
実はこれと逆の人がいるんです。

 

実際の自分の能力よりも
低く自分の能力を見積もってしまう。

 


これは
どんな問題が起こると思いますか?

 


周囲に迷惑・・・
かけませんね。

 

役に立ってくれる割に
自信がなさそうな人。
人は悪い気はしませんね。

 


社会に適応できない・・・
なんてことありませんね。

 

能力は高いのできちんとやります。
本人が「やれていない」と
思っているだけです。

 


どうでしょうか。

 

何の問題もありませんね。

 

 

 

そう
これが問題なんです。

 

実際の自分の能力よりも
低く自分の能力を見積もってしまう。

 

実はこれは
本人だけが死ぬほど苦しいことなんです。

 


なのに
人に迷惑をかけないし
社会に適応しているから

 

「問題はない」
とされてしまって

 

周囲にも苦しみを理解されない。

 

精神科に行っても
カウンセリングに行っても理解されず
なんにも変わらない。

 


こういう人が
私のところに来て
やっと自分の苦しみの理由に気づきます。

 

私も同じように苦しんできたので
こういう人の気持ちが痛いほど分かるんです。

 

 

 

実際の自分より自己評価が低い人には
どんな人がいるかというと

 


発達障害が原因で
 出来ることと出来ないことの凸凹が大きい
 

 

目の前のことだけに必死になって
 行動をしてきて結果を残しても
 過去を振り返らずにきたため
 自分のことが分からない

 


過保護・過干渉の親に育てられ
 自分で何も選択しないままできたが
 それなりの能力がある

 

 

 

という三つのタイプに分けられます。

 

 

 

一つめのタイプ
発達障害が原因で
出来ることと出来ないことの凸凹が大きい人で
自分の評価が低い人は

 

高い部分をあまり見てもらえず評価されず
低い部分をとくに批判されてきています。

 

実際は能力の高い部分で色々できるんですが
人から低い部分ばかり指摘されていると
「自分の能力は低い」
と思いこまされることになってしまいますね。

 

 

 

二つめのタイプ
目の前のことだけに必死になって
結果を残しても
自分に自信が持てない。
そんな人は
地位や名誉やお金以外で自分のことをはかれません。

 

過去を振り返らずにきたため
自分の努力や功績を自分のことが分からない

 

過去がからっぽなので
自分には何にもない感覚になり
「自分は能力が低い」
と感じてしまう。

 

そして
過去があって今の自分がある
という感覚が得られないため
いつも自分が分からないし土台がしっかりしない。

 

 

 

この二つのタイプの人は
全てを自分の努力不足だと思ってしまうせいで

 

いつも自分を責め続け
休むことをせず走り続けてしまいます。

 

 

 

三つめのタイプ
過保護・過干渉の親に育てられ
自分で何も選択しないままできたけど
それなりの能力がある人は

 

どんなに結果を残しても
どんなに能力が高くても
自分の力だと思えないんです。

 

自分でやったという実感がないので
人の力のような気がして
いつまでたっても
「自分の能力は低い」
としか思えないんです。

 


このタイプの人は
先ほどの二つのタイプと違い

 

全てを環境のせい
周囲の人のせいにしてしまいます。

 

そのせいで
悪い環境から抜け出そうとしない
能力を高めようと思えないため
つらい状況が維持されてしまいやすい。

 


これらのタイプはどれか一つの人もいれば
いくつか持っている人もいて

 

いくつか持っている人は
自分を責めすぎたり
周囲を責めすぎたり
環境のせいにしすぎたりして

 

なにがなんだか分からず
混沌としてしまいます。

 

 

 


このような人たちの
コミュニケーションの特徴は

 

実際の自分の能力よりも
低く自分の能力を見積もってしまうせいで

 

緊張が高いために堅い雰囲気を持ち
周囲から浮きやすく
自分を開示できなくなる。

 

だから
人と上手くやれない
人と深くつき合えない

 


本当に残念なことです。

 

本当は一生懸命に生きてきた
愛されるべき人たちですから。

 

 

 

そして
このような人たちが抱える苦しみは
まだあります。

 


自分の能力を低く見積もってしまうせいで

 


・何をやるにも勇気が出ない

 

・自分に自信が無く自分を好きになれない

 


こんなに沢山の苦しみがあるんです。

 

 

 

それなのに
最初に言ったように
この苦しみは誰にも理解されない。

 

それでは
心を病んでしまうことも仕方がないですよね。

 

 

 

頑張りづづけているのに苦しい
人から理解されないけど限界に近いと感じる

 

こんな人は
ここまで書いてきた原因がないか
考えてみてください。

 

どれだけ自分の苦しみがあったか
あらためて気づいてください。

 


そして
本当に自分はダメなのか
立ち止まって考えてください。

 


ダメな部分はあっても

 

絶対に出来ている部分や
人より秀でている部分がある。

 


忘れていた
過去の栄光がある。

 


自分で自分は大したことはない思っていたけど
人と比較すると結構できている部分がある。

 


きっとこんなことに気づくはずです。

 


自分の能力を低く見積もるのは
謙虚さや思慮深さじゃありません。

 

自分を苦しめてきただけです。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com