読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

自分を守れば守るほど性格は悪くなる②

自分を知る

 

④人を軽蔑し欺く態度

 

いつも不自然なほど愛想がよく調子が良い
すごく迎合したり、下手に出てくる

 

自分の思っていることを絶対に出さず
なにを考えているか分からない

 

これは
自分を出すと
嫌われてしまう、無能だと思われてしまう。
下手に出ていないと攻撃されてしまう。
と思っていて
演じること、人に合わせること、下手に出ることで
自分を守れると思っているんです。

 


こんな人は
どこか嘘っぽい人に見え
いつも隠し事があるように見え

 

「人をバカにしている」
「信用ならない」
「深い付き合いは出来ない」
と思われてしまいます。

 

 

 

 

⑤冷たい態度

 

喜怒哀楽を表さず
いつも横柄に見えとっつきづらい

 

丁寧と言うより
慇懃無礼
一緒にいると緊張し親しくなれない

 


これは
感情を出すと傷つくしバカにされる
人と距離を近づけすぎると嫌われる
と思っていて

 

感情を無くせば大丈夫
人と距離を保てば嫌われない
というような考え方によって
自分を守っているんです。

 


こんな人は
一緒にいてもつまらない
なんか上から目線
自分が嫌われている
と人に感じさせてしまい

 

「つきあいづらい人」
と思われてしまいます。

 

 

 


⑥無責任な態度

 

いつもシラーっと見て見ぬ振りをして
我関せずという態度をとっている

 

何か問題が起きると
環境や他者のせいにして自分の非を認めない

 


これは
小さな問題から大きな問題まで
とにかく自分には力が無く対処できないと思っていて

 

ただ目の前のことから逃げることで
恐怖から逃れられる

 

という考え方によって
自分を守っているんです。

 


こんな人は
冷たく自分勝手だと思われ
つねに人に責任をなすりつける嫌な人だと思われ
「冷淡な人」
「無責任な無能な人」
だと思われてしまいます。

 

 

 

 

⑦言い訳や正当化ばかりで認めない

 

失敗をすると仕方がない理由があった
という言い訳ばかりで自分の非は認めない

 

自分の行動にはこんな理由があったと
後から言い出して人を攻撃する

 


これは
失敗を認めたら無能だと思われる
何も考えずに行動したことがバレたら無能だと思われる
と思っていて

 

失敗を認めなければ無かったことになる
後から理由をつければ正しいことになる
無能だと思われずに済む

 

という考え方で
自分を守っているんです。

 


こんな人は
何も学ばない人だと思われ
失敗から学ばない無能な人だと思われ
後付けをするズルイ人だと思われ

 

「誠実に話をしても仕方ない人」
「まともに関わっても意味がない人」
だと思われてしまいます。

 

 

 


こんなふうに
「性格が悪い」と思われる特徴は

 

自分を守る

 

自分を守っているつもりの言動で

 

人に嫌な思いをさせてしまうことが原因です。

 

 

実際はまったく悪気は無い

 

ただ怖いから
対処をしているだけ。

 

でも
自分を守れば守るほど
人に嫌な思いをさせてしまい

 

性格が悪くなってしまうんです。

 

 

 

自分を守らないでいることは
本当に難しく
勇気がいることです。

 


だけど

 

これを読んで

 

自分を守っているはずの言動が

 

じつは
ちっとも自分を守れてなんかいない

 

むしろ
自分を苦しめている

 

ということを知って欲しいんです。

 

 

 

本当に自分を守りたいなら
人から嫌われないこと

 

つまり
「性格を良くする」
ことです。

 


自分を守ろうとする言動をやめることが
「性格を良くする」ことであり

 

結果的に
自分を守れることになるんです。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com