読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

自分を守れば守るほど性格は悪くなる①

自分を知る

 「性格が悪い」

 

いったい
何をもって決められるんでしょうね。

 


多くの人が
「あの人は性格悪いよね」
「自分って性格悪い」

 

というふうに日常的に使っています。

 


この内容から考えると

 


性格が悪い

 

イコール

 

人に嫌な思いをさせる

 


ということになりそうですね。

 

 

 

実際に
何が性格が良くて悪いのかは置いておいて

 

人に嫌な思いをさせる人が
「性格が悪い」とされる

 

ということを前提に話を進めていきましょう。

 

 

 

人に嫌な思いをさせる人

 

これもまた広いですね。
沢山ありすぎますね。

 

でも頑張って考えてみましょう。

 


どんなときに
「この人は性格悪いな」
と思いますか?

 

色んな場面が浮かぶと思いますが

 

大きく分類すると
以下のようなことに集約されるのではないでしょうか。

 


①自分のことしか考えていない

 

②怒りっぽい、イヤミっぽい

 

③人を怖がる態度

 

④人を軽蔑し欺く態度

 

⑤冷たい態度

 

⑥無責任な態度

 

⑦言い訳や正当化ばかりで認めない

 

 

 

このようなことが「性格が悪い」
とされそうですね。

 


このような
性格が悪い人は生まれつき
そうなんでしょうか?

 


もちろん違いますね。

 

だんだん
このようなクセがついていって
「性格が悪い人」
になっていってしまうんですね。

 


そして
これら全部が

 

自分を守るためにやってしまっていることなんです。

 

 

 

これを具体的に説明していきます。

 

 

 


①自分のことしか考えていない人

 

すごくケチだったり
損得勘定ばっかりで動いていたり
人に与えないで与えてもらおうとばかりしたり
人を利用しようとする

 

自分のことばかり話したり
自分の都合ばかり考えたり
自分のことを分かってもらおうとばかりする

 


これは
自分は何も持っていないから
沢山得ないと生きていけない
ため込んでおかないと不安

 

いつもピンチだと感じていて
周りが見えなくなっていて
とにかく目の前のことを何とかすることが大事

 

こんな思いが根底にあって
こんなふうにして
自分を守ろうとしているんですね。

 


こんな人は
当たり前ですが

 

「自分のことしか考えていない」

「自己中心的な人」
と思われてしまいます。

 

 

 

 

②怒りっぽい、イヤミっぽい

 

自分の思い通りにならないとすぐ怒る
機嫌が悪いと理由をつけて怒る

 

気に入らないことがあると
心の中で強く怒り
黙ったり、反抗的な態度で伝える

 

言いたいことがあると
察してもらおうと遠回しに言う

 


こういう人は

 

弱い自分が攻撃されるのが怖い
だから先に威嚇すればいい

 

自分は伝えられないから
腹が立っても表立って攻撃できないから
間接的に攻撃すればいい

 

こんな思いがあって
こんな形で
自分を守ろうとしているんですね。

 


こんな人は当然
「怒りっぽい人」「イヤミな人」だと
思われてしまいます。

 

 

 

 

③人を怖がる態度

 

心の中でつねに人を疑っていて
人の言動には必ず裏があると思っているので

 

いつも人を伺うような態度をとって
その場を楽しもうとしない。
どんな人に対しても
怯えているように見える。

 

こういう人は
人を信じて裏切られて
ショックを受けてきたので
先に疑えばショックを受けない
と思っていて

 

先に疑うことで自分を守れると思っているんです。

 


そうすると相手に
「一緒にいても安心できない」と思われ
自分が何か悪いことをしたのではないか

という思いを抱かせてしまいます。

 

 

 

 


②につづきます。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com