読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

境界性人格障害の被害に遭いやすい人

境界性人格障害

開業してからのカウンセリングの依頼は

 

今のところ
ボーダーご本人ではなく
ボーダーのパートナーからの方が多いです。

 

私が元ボーダーなので
まさか被害者と言えるパートナーの方から
ここまで依頼がくるとは思いませんでした。

 


そこで
このブログの読者は
ボーダーの被害者の方も多いと思うので

 

ボーダーのパートナーの方にお伝えしたいこと。

 

ご自身の問題点などをお話させていただきたいです。

 

 

 

たまたまボーダーに引っかかってしまって
ただ振り払うのに苦労している方や

 

本当に何をされても
どっしりと構えて支えようと出来る方は別として

 

 

 

自分もつらいから
自分だけが我慢するなんて出来ないけど・・・

 


・何度も嫌な思いをしても捨てきれない

 

・この人は自分が救わなければならないと思う

 

・ボーダーの良いときの姿を忘れられない

 

なんて方は

 

パートナーの方にも
問題が隠れていることが多いんです。

 

 

 

ボーダーの被害に遭いやすい人の
人物像は以下です。

 


〇自己愛が高い人

 

自分に甘く他人に厳しい人

 

自尊心が低い人

 

自分が分からない人

 

依存的な人

 

人と適切な距離がとれない人

 


結局は全て
自己愛が高い人の特徴ですね。

 

そうなんです。

 

分かりやすく
尊大な態度をとる自己愛が高い人だけではなく

 

一見そうは見えない
隠れ自己愛が高い人も被害に遭いやすい。

 


なぜ自己愛の高い人が
ボーダーの被害に遭いやすいかというと

 

ボーダーは
「自己愛の高い人の望みを叶えてくれる」
からです。

 

 

 

ボーダーは最初
自己愛の高い人を理想化して
とにかく良いところを見つけて
褒めて褒めて褒めまくります。

 

これは作為的ではなく
ボーダーには

自己愛の高い人が

本当に完璧な人に映っているんです。

 


自己愛の高い人は
自分自身はすごいと思っている割に

周囲の評価が低いことに
いらだちをもっています。

 

でも

ボーダーは自分の評価と同じだけ
自分を高く評価してくれるわけです。

 

 

 

そして
自己愛が高い人は人にも完璧を求めます。

 

そんな人は存在しないですし
完璧に近い人は自己愛の高い人を選びません。
(現実的に能力の高い人を選びますね)

 


しかし
ボーダーは最初だけ
かなり完璧に近い姿を演じられます。

 

ボーダーは自尊心が低いため
劣等感を持たないよう
同じく自尊心の低い自己愛の高い人を選びます。

 


そうです。
自己愛の高い人の望みが叶うんです。

 


こういう仕組みで
ボーダーと自己愛が高い人の
組み合わせが出来上がるんです。

 


これで上手く行けばいいのですが
上手くいくはずはありません。

 


それは
ボーダーの理想化は最初だけだからです。

 

あれだけ
褒めたたえ、尽くしてくれた人が
急に悪いところをどんどん見つけて
こけおろします。

 


ボーダーの完璧に近い姿も最初だけです。

 

あれだけ
素晴らしい人だったはずが
感情的でわがままで怒りっぽく
子どものようになります。

 


ここで自己愛の高い人が
気にくわない
と離れられればいいのですが

 

さきほど言ったように

 

ボーダーだけが
「自己愛の高い人の望みを叶えてくれる」
ので

 

また自分の望みを叶えてくれるのではないか
という思いが捨てられないんです。

 


ボーダーはボーダーで

 

自己愛の高い人は
望みを叶えるのと引き換えに

献身的な愛をくれていただけだったんですが

 

それは信じたくないし

もう最初の頃の理想化は出来ないし
甘えきってしまって完璧な姿も作れないのに

 

その献身的な愛をもう離したくないので
しがみつくんです。

 

 

 

そして自己愛の高い人は

 

「自分を理想化しなければお前の価値はない」
「完璧に近い姿でなければお前の価値はない」

 

そんなメッセージを暗におくり

 

ボーダーはそれを受け取り
自分を否定され続け
余計に症状が悪化していくんです。

 

 

 

結局はボーダーの方が症状が強くでているだけで

 

自分を否定する
他人を否定する
自分の気持ちが分からない
他人の気持ちが分からない

依存的である

 

というところは両者共通で

 

どちらも相手に愛情を求めているので
うまくいきようがないんですよね。

 


なので
自己愛の高い人が
本当にボーダーを支えるためには

 

自分自身が変わらなきゃ無理なんです。

 


でも
ボーダーのそばにいると
自分自身のことだけに取り組むことができない。

 


こんな感じになっているんですね。

 


だから私は
この組み合わせの人が上手くやっていくのは
本当に大変なことだと思っています。

 


自己愛の高い人が
現実的にも高い能力を獲得する

 

一旦距離を置いて
お互いにカウンセリングなどで変わる

 

お互いに傷つけあいながら
依存しあって良くなるのを待つ

 

なんてことになるのではないかと思っています。

 


個人的には
この組み合わせは
お互いに良いことはないと思っているので
離れてほしいと思っています。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com