読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

説得力をもっていますか

自己啓発

「説得力のある人でありたい」

 

いつもそう思っています。

 

 

私は伝えたいことが沢山あります。

 

これが伝われば
助かる人が沢山いると確信しています。

 


だけど
説得力が無ければ

 

どんなに熱い気持ちを持っていても
どんなに人の役に立つ知識を持っていても
意味がありませんね。

 

 

 

説得力ってどんなものでしょう。

 

説得力を持つには

 

その人の肩書きや
科学的根拠に基づいた主張も大事そうですね。

 


でも
肩書きと能力って必ずしも比例しませんよね。

 

科学的根拠も
新しい説がひっくり返ることは多々あって
結構心もとないものです。

 


特にこころの問題において

 

肩書きだけの人の言葉は

 

経験に基づいていないので
説明が表面的で
実践に移すときに
困難な点や矛盾点が出てくるんです。

 


だから私は

 

肩書きのない人の経験談であっても
「中身があって一貫していて説得力を感じる」
「人間的に惹かれるこの人が言うならそうなんだろう」

 

と自分の感性で
そう思った人の言葉を信じるようにしています。

 


そして実践すると
すっと自分の人生に落とし込めたりする。

 


説得力ってこういうものじゃないかと
私は思っています。

 

 

 

最近はクライエントさんに

 

「竹田さんイメージ通りでした」
と言われることが多い。

 


元気で生き生きとしていて
優しく熱く思慮深い
理路整然としている
(すみません。お恥ずかしい)

 


ブログの記事が説得力があります。
と言われます。

 


とても嬉しいことです。

 


言っていることだけ立派
ということにならないよう
いつも注意してきましたから。

 

 

 

私は自分が感銘を受けた本を書いた人から
直接学ぶ機会が何度かありました。

 

そのたびに
書いてあることと言動の不一致が大きく
落胆しました。

 


人としてどうなんだろうという人が
すごく素晴らしい内容の本を書いているんです。

 


こんなことを
多く経験して

 

「良いことだけなら誰でも言える」
ということが分かりました。

 


もっともらしい言葉
あたかも自分が経験して生み出したかのような言葉は
誰かの受け売りかもしれない。

 

そうありたいだけで
自分も出来ていないかもしれない。

 


でも
自分は出来ている体で
自分から出てきた言葉の体で
流暢に語る人はとても多い。

 

 

 

「説得力」は

 

自分の経験と知識をちゃんと分けられること。

 

自分がどの程度出来ているのか把握していること。

 

その知識は全体のどの程度を言えているのか把握していること。

 


ここにあると思っています。

 


だから経験が少なくたって知識が少なくたって
説得力はつけられる。

 


人にアドバイスをしても
思っていることを話しても
誰も自分の話を聞いてくれない。

 

そんなふうに思っている人は
ここを曖昧にしてごまかしている場合が多い。

 

 

 

最近のネットでの様々な議論は

 

こういうふうに
誰かの受け売りを自分の意見のようにしながら
聞きかじった知識をさも全ての答えのようにしながら
戦っていて

 

誰も説得力がないまま戦いは激しくなって
一番もっともらしいことを持ってきた人の勝利で

 

誰も何も得ない
という不毛なことが起きているなぁ
と思ってしまいます。

 

 

 

ただ自分の思ったこと
そのときの感情で吐き出したいこと
それだって十分な価値はあるんです。

 

「私はこう思う」
と言えたらいい。

 

あなたの思い
という確実な情報だから。

 


自分の思いとして発する勇気はないけど
なんとかして聞いて欲しいから
もっともらしいことを言う。

 

誰が言ったのか
どの経験から出てきたのか
どの程度の知識なのか
不確実な情報ばかり

 


それじゃ
誰にも本当にきいてもらえないし
不毛だし
いつまでも説得力はつかない上に
自分は出来ているつもりになってしまいますね。

 

 

 

だいぶ話がずれましたが

 

説得力を持って発言をするのは
本来はすごく大変なこと。

 

身を切るような体験をして
いつも自分を批判して
いつも勤勉でいて
いつでも批判される心構えをもって

 

やっとの思いで言えること。

 

 

 

説得力をつけることで
人に大きな影響を与え
人の役に立てる。

 

そして
あなた自身も
自分を深く知っていけるし向上できる。

 


こんなすばらしいことはない
と私は思うんです。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com