読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

飢えることで強い気持ちが手に入る

ひとりごと

私はよく
カウンセリングで

 

「竹田さんて
 なんでそんなに人を愛せるようになったんですか?」

ということを聞かれます。 


普段はなるべく
私のことを聞かれても
クライエントさんの時間を奪うことになるので
軽くお答えすることが多いんですが

 

その返答が
クライエントさんに
役立つ
良い刺激になる場合は

 

時間をいただいてお話します。

 


それで
このことを改めて考えてみました。

 

 

 

・・・孤独だからだ。

  


みなさんは
孤独孤独と言いながらも

 


嫌々でも親と交流していたり
つねにSNSでつながっていたり
文句を言いながら友達と遊んでいたりしますね。

 


私は

 

とにかく自由がほしいので
寂しさを埋めるためのSNSは苦痛です。

 

つねに監視されているなんて耐えられません。

 


あとは
自分が連絡をとりたいときに
遠慮したりすることが無くなること

 

会っていない間に友人のことを想う時間が
無くなることも怖い。

 

 

 

好きじゃない人とはつきあわない。

 

それは
私が好きじゃないだけで
その人は他で必要とされる。
私が嫌々つきあうなんて何様だと思うからです。

 


話がずれましたが

 

とにかく
刹那的に寂しさを埋めることをしません。

 


そして
何より孤独なのは
家族がいないっていうことが大きい。

 

私みたいな生い立ちの人は
早めに結婚をしたり
子どもをつくったりすることで
寂しさを埋めることがある。
(ちゃんと結婚・出産されている方が多数ですが)

 

私は
それを避けたかった。

 

普通の人のように
この人じゃなきゃと思えないなら
一人でいようと思った。

 

子どもはほしいけど
私は自分の寂しさを埋めるために
望んでいる気がして諦めた。

 


ここで想像してほしいんです。

 

親も兄弟も親戚もいない。
新しい家族もいない。
友人もいない(今はいるけどずっといなかった)。
SNSなどで何となく誰かと交流することもしない。

 


どうですか。
この孤独。

 


ここまで孤独だと
それは誰だって
人を求めるようになりますよね。

 


怖くても
対人恐怖になっていられない。

 

だから
怖くても

 

とにかく
自分から関わりにいって

人の良いところを見つけて 

人に与えて

 

頑張ってきました。

 

 


こんなふうに
強く人を求めることだけじゃなくて

 


私が強い気持ちを持っている部分。

 

たとえば

 

心地良い生活を追求しようとすること
激しく仕事をしようとすること
自分の自由を最優先にしようとすること

 


これも
ずっと不安定で不快な生活を送ってきたから
のぞむ仕事がしたくても就けなかったから
自由をずっと奪われてきたから

 

なんですね。

 

 

 

なんて
激しく自分語りをしてしまいましたが

 


私が言いたいのは

 

何も強く求められないのは

 

「飢えていないから」

 

それだけの理由だということ。

 

 

 

あなたは恵まれているとか
そんな感情的な話をしたいんじゃなくて

 

例えば
断食のように

 

あえて
自分を飢えさせる

 

そんな能力が
今の時代は絶対に必要だと
私は思っています。

 


強い思いをもてないのは
気合いが足りないとか
無気力なのは性格とか言われてるけど

 

ほんとは

 

そこそこ満たされてしまっている悲劇に
気づいていないだけ。

 

本当は飢えている自分をごまかして
飢えを感じようとしないだけ。

 


こんなことだと思うんです。

 

 

 

今の時代は

 

足りていないけど
全くないというわけではない

 

飢えているけど

代替のものでごまかせる。

 

そんな状況ばかりで
飢えるまでいかず
「これで満足しなきゃいけない」
「これでいい」
と自分を思いこませて

 

何かを手に入れようだとか
今を変えようだとか
そんな気持ちになることが難しい。

 


だから
あえて自分で

「ちゃんと飢える」

状況をつくるしかない。

 

 

あなたは本当に満たされていますか?

 

本当は飢えていませんか?

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com