逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

アサーション⑤-相手が違う文化を持つ人間であるという自覚をもつ-

アサーションの目的を知る

 

・自分を尊重するために
 自分が最も優先したい価値観の確認をし

 

・否定される恐れを乗り越え
 自分と相手の自由を尊重する

 

・相手の話をじっくり聞いて話の詳細を把握し
 さまざまなところで線引きをする

 


ここまできました。

 


あとは
「どう伝えるか」

 

ですね。

 


この伝えるところまで来ても
まだ間違いやすい点があるんです。

 


当たり前のことですが
意外とみなさん分かっていないのが

 


伝えようとしている相手は

 

「自分とは違う人間である」

 

ということです。

 


違う人間であるから

 

相手はこちらの性格や考え方など
分かるはずはありません。

 


違う人間であるから

 

こちらの事情なんて
察してくれるわけがありません。

 


コミュニケーションが苦手な人は
なぜだか
「普通こうだから分かるでしょ」
「ここまで言えば分かるでしょ」
「気持ちを汲んでよ」

 

なんて思いこみがあって
伝えることを怠けるんです。

 


自分のことを伝えることは
とても勇気が要ることで
とても面倒なことなのですが

 

相手が違う人間だったら
自分が伝えるしかないですよね。

 


例えば
どこか外国人と交流を持つとき

 

普通はそこでおじぎするでしょ
普通は知らない人に笑顔で挨拶しないでしょ
普通は異性でハグなんてしないでしょ

 

みたいに
日本と異なる点を否定しないですよね。

 


その国の文化はどうなのか
知ろうとするし
知った上でそこは尊重して

 

日本の文化、日本人の傾向はどうなのか
改めて考えて
違うところを説明する。

 


こういう当たり前のことが
できていますね。

 


ところが
同じ日本人
同じ教育水準
同じ職場
親しい人など

 

となると
とたんに
「伝えなくても分かるでしょ」
となってしまう。

 


相手を尊重するためには

 

まるで外国人と接するように
異なる文化を受け入れるように

 

「相手は違う文化を持つ人間なんだ」
と理解することが重要です。

 


そうすれば

 

なるほど
あなたは(違う価値観があって)そう思うんですね。
私は(違う価値観があって)こう思います。

 


なるほど
あなたは(違う経験や環境があって)
そういう事情があるんですね。
私は(違う経験や環境があって)
こういう事情があります。

 


そういうお互いの(違う文化が背景にあって)
違いをふまえて
どう考えていきましょうか?

 

となっていくんです。

 

 

 

違う文化があると想定できないから

 


ワタシはこうだ!(ワタシが正しい!)

 

ワタシには事情が!(仕方ないでしょ!分かってよ!)

 

じゃあどうします?(ワタシはもう決まっているけどね)

 


なんて喧嘩腰になってしまう。

 

 

 

違う文化が想定できれば

 

ワタシ(の文化では)はこう思う。

 

(ワタシの文化の都合だけど)
すみませんが、こうしてほしい。

 

(ワタシの文化の都合だけど)
こうしてくれたら助かります。

 

こちらの都合ですみません。

 


なんていう
アサーションらしい言葉が
自然に言えるようになるはずです。

 


相手は
まるで外国人のように
違う文化や経験や環境を持っている。

 

それを
しっかりと実感することが
アサーションスキルを上達させることになるんです。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com