逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

トラウマが消えたら世界の見え方が変わった

おはよーございます。

 


ちょっと今日は朝から
重たい?話。

 

今日は久しぶりに昔の夢を見た。

 


絶賛トラウマ中だったときは
たまに見る夢に
一日中苦しんでいた。

 

 

トラウマから回復しかけているときは
夢を見るたびに苦しかったけど
少しだけ

大丈夫になっているように感じられた。

 


トラウマから完全回復する少し前には
なぜか

頻繁にトラウマ場面の夢を見るようになった。

忘れていた出来事
さらい残していた出来事を
残さず思い出す助けになって
回復に向かっていった。

 

  

今はもう
たまにしか昔の夢は見なくなった。

 

すごく心の調子が悪いときや
疲労がたまると見る。

  

 

今日は心の調子は良かったんだけど
昔の夢を見たのは
ちょっと疲れていたんだろうか。

 


今日の夢は

 

別に
トラウマの出来事ではなく
その当時の何でもない
むしろ何事もない平和な日の夢。

 

たまにこういう夢を見ると
私はハッとする。

 


平和な日常なのに
重苦しい気持ちでつねに不安で
世界全体がどんよりとしている。

 

分かりやすく説明すると

 

ハッピーな映画とサスペンス映画は
ストーリー云々だけでなく
はなから
画面の明度や全体の空気が違う。

 

あんな感じ。

 

サスペンス映画のような感じが
私の回復するまでの世界だった。

 


最近は

これを忘れてしまっていた。

 

どんなに良いことがあろうと
上手くいっていようと
完全に世界の見え方が変わるまでは
苦しみが残っている。

 


回復されたクライエントさんは
みなさん口裏合わせたの?
っていうぐらい

 

まるで違う世界のよう。
世界が180度違って見える。
なんて言う。

 


そう。
私もそうだった。

 


世界の見え方が変わるまでは
どんなに良い方向に向かっていても
不安は消えなかった。

 

この感覚を忘れていた。

 


クライエントさんの困難は

私も似たような困難を経験していて
私はかなりその人の苦しさに近づいていける。

 

なのに
どうも近づききれない感覚があった。

 

これは多分
私が今の明るい世界の見え方のまま
クライエントさんの不安を捉えていたからだ。

 

ずれてはいなくても
この苦しい世界の見え方を無視していては

理解にならない。

 


私も

30年ぐらい・・・
もっとかな。
世界がどんよりだった。

 


トラウマが消えて
何が世界の見え方を変えたんだろう
と考えてみると

 


私は

 

世界が危険なもの
という信念から
安全なものという信念に変わっていったこと

 


狭いところに閉じこめられている感覚から
広い世界に解放された感覚に変わったこと

 


どんなことも自分には抵抗できない
という信念から
ボロボロでも自分で何とかやれる
という信念にかわったこと

 


過去が自分のすべてであり
今持っているお金や地位や名誉が
自分のすべてを表しているという思いから

 

今の自分の言動こそ
自分のすべてを証明するものだ
という確信に変わったこと

 


こんなことだった気がする。

 

 

 

クライエントさんは

色んなことを普通にできることに
こだわるけど

 

私は
クライエントさんが楽になることにこだわるのは

 

この世界を早く見て欲しかったからかもしれない。

 


何かが出来るようになったり
現状が上手くいくようになることは
もちろん喜ばしい。

 

でも
世界の見え方が変わっていなかったら
苦しい
ってことを私は分かっていたからだ。

 


ちょっと感情的に書いたので
何を言ってるのか分からない
と思われたらすみません。

 

トラウマが残っていたら

現状がいくら良くなっても

世界は暗いまま。

 

残さず何とかしたい。

そう改めて思いました。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com