読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

人の忍耐力のキャパシティは決まっている

自分を知る

あなたは忍耐力がありますか?

 

YESと言える人は少ないんじゃないでしょうか。

 


なぜなら
このブログを読んでいる人は
ハンデを抱えている人が多いからです。

 

ハンデがある人は忍耐力がない。

 

これは多く知られていることです。

 


専門用語では
欲求不満耐性が低い
などと言われたりします。

 


カウンセリングでは
欲求不満に耐えられない未熟な状態
だと捉えられます。

 

確かに
じっと耐える経験を重ねるうちに
それが身につく
ということもある。

 


でも私は
このやり方が嫌いです。

 

すでに沢山の我慢をしているのに
さらに我慢をさせるのがイヤだからです。

 


じゃあ
忍耐力は要らないと考えているのかというと
そうではなくて

 

忍耐を適切なところで出来ればいい
ということです。

 


どういうことかというと

 

忍耐ができる人は
その忍耐が必要な場面以外で
忍耐をしていない。

 


外側から観察すると
「忍耐」に見えても
実は
「無」だったり
「楽しんで」いたり
「目標に向かって一心不乱」だったりする。

 

だから
いざ忍耐が必要となったときに
じっと忍耐ができる。

 

 

 

忍耐ができないとされる人は

 

そもそも
「忍耐」が必要とされることが多いだけでなく

 

すべてを「忍耐」に変えるクセがある。

 


忍耐ができない人は
とにかく普段から「忍耐」をしている。

 

だから
忍耐が必要なときに
全く忍耐ができない。

 

当たり前ですね。
ずっと忍耐しているんですから。

 

 

 

どうでしょうか。
心当たりがあるんじゃないでしょうか。

 

 

 

だから
できることは
「忍耐を身につけさせる」
のではなく

 

どうやって
「忍耐を減らしていくか」
なんです。

 


具体的には

 

 

 

一般的に正しいことをやろうとすると
「忍耐」になってしまうので
自分が良いと思うのかやりたいと思うのかを
考えて行動を決める。

 


人からなんと言われようと
自分の「つらい」「いやだ」「苦しい」
という気持ちは否定しない。
否定すると「忍耐」になってしまう。
人に伝えなければ何を思ってもいい。

 


私は発達障害で不幸だ
と思いこんでしまうと
「忍耐」になってしまうので

 

発達障害でハンデはあるけど
頑張っている自分はすごい。
ハンデはあるけど反面才能もあると考える。

 


全く同じような毎日を送ること。
それは人間の慣れの性質上「忍耐」になってしまう。
小さな変化に気づくこと
変化は怖いけど
ほんのすこしの変化をいれていくことで
「忍耐」は減っていく。

 


忍耐を減らしていくことは
とっても難しいことですが

 

まずは自分がどれだけ
ずっと「忍耐」をしてしまっていたか
に気づきましょう。

 


そして
ずっと「忍耐」をしてしまっていたから
大事なところで
「忍耐」ができなかったこと
に気づきましょう。

 


人の「忍耐」のキャパシティは
決まっている。

 

これ以上忍耐をするのではなく
大事なところで「忍耐」ができるように
コントロールしていきましょう。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com