逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

自分との向き合い方③-外からの情報をとりいれる-

自分のことは自分が一番知っているんだ

 

なんて
みなさん一度は

考えたことがあるのではないでしょうか。

 


私も
養護施設出身で里子に出されてからの虐待
ADHD、ギフテッドだったので

 

そのことを人に話すことは無かったので
いつも
誰も自分のことなんか分からない
と思っていました。

 

だから人に褒められたり
人に好きだと言われると
「私の何を知っているんだ」
と腹をたてたりしていました。

 


これって変ですよね。

 


人は内面を知った上でないと
褒めちゃいけないわけじゃないし
好きになっちゃいけないわけじゃない。

 

そもそも
人が人の内面を知るなんて
表現しない限りわかるわけがありません。
(不思議な力で心がよめるとかは否定的な立場)

 


「自分」は
心の中で考えている自分だけじゃありません。

 

人からどう見られているか
というのも「自分」なんです。

 


私たちが
自分ってこういう人
と考えている自己像って

 

人からどう見られるかで
作り上げられている部分が大きいんです。

 


「あなたってこういうところあるよね」
「あなたってすごい」
「あなたはダメ」
などなど沢山の言葉はもちろん

 

笑顔をもらう
好意的に接してもらう
イヤな顔をされる
冷たくされる
無視をされる
などなどの行動もです。

 


いくら
本当の自分はこういう人なのに分かってもらえない
と思っていても

 

人からそう見られなければ
自己像は自分の思い通りになりません。

 


だから誤解をされやすい人は
自己像が混乱していたりするんですね。

 

 

 

人からどう見られるかで自己像が作られる。
だとしたら

どうしたって
人からの反応を無視できません。

 


みなさん
ここで現実を知りたくない
自分だけが信じている自己像を壊したくないから

 

人からの反応は無視して

「自分のことは自分だけが分かっている」
と自分だけで考えちゃうんです。

 


だから考えても考えても
「自分のことが分からない」んです。

 


怖いですが
人からどう見られているか
意識をしたり
言葉を受け入れたり
聞いてみたりすることは絶対必要です。

 

それが
「今の自分」なんですから。

 

 

 

本当の自分は違う。
そうですよね。

 

私もずっと思っていました。

 

でも
あなたが思うあなたの姿は
それを表現できなければ
本当の自分は埋もれたままです。

 

 

 

人に誤解される
人に指摘される

 

こういうことはショックですが
こういうヒントがなければ
自分の言動を
本当の自分のイメージ通りに変えていけない。 

 

 

自分がどういう人間なのか
というより
自分はどういうふうに捉えられやすいのか
を知るためには

 


どう映っているのか
伝えてくれる人の情報が絶対に必要です。

 

外からの情報をとりいれて

自分のことを考える。

そうしなければ

いつまでも自分のことは分かりません。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com