読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

自分との向き合い方②-分からないことは考え得るところでやめる-

思考のコントロール

分からないことは考えても仕方ない。

 

私がよく言われてきたことです。

 


いつも考え続けていた私は
それを否定され

 

この言葉に
ずいぶんと苦しめられてきたものです。

 


この言葉のまま生きると

 

未来はすべて分からないことだから
何も考えない。

 

なすがまま
人の言いなりで

 

環境が良くなければ
人に恵まれなければ
運が巡ってこなければ
とんでもないことになります。

 


そうです。

 

このブログを読んでいる人は

ハンデを背負っているわけなので

 

「分からないことも考えなければいけない」
ということです。

 


というより
恵まれている人も
いつそれを失うか分からないわけなので

 

誰もが
分からないことも考えなきゃいけないですね。

 


思い返すと
私は

 

分からないことを考え続けることで
苦しみから脱してきたし
困難を克服してきました。

 

でもそれと同時に
分からないことを考え続けることで
新たな苦しみを生んで
心を病んできました。

 


きっとみなさんもここで
考えたらいいのか
考えない方がいいのか
と混乱してしまうのではないでしょうか。

 


ここでルールを決めるんです。

 


今考え得る
良いこと、悪いこと全てを考える。

 


良いことだけ考えるのもダメ。

 

ポジティブバカになってしまったり
ご都合主義になってしまったり
いざ失敗して傷つきすぎたりします。

 


悪いことだけ考えて不安になるのもダメ。

 

不安が大きくなりすぎて行動できなくなり
自分に自信がなくなって性格が悪くなったり
失敗を避けるためだけに生きることになる。

 


このバランスが悪さが
思考をすることが
マイナスの結果を生んでしまっていたんですね。

 


バランスをとって
自分の考え得る限り
すべて出し尽くしたら

 

「あとは分からないから考えても仕方ない」
と思えて
「やるしかない」「もう考えなくていい」
と思えるはずです。

 

 

 

考えるのが苦手な人。

 

大丈夫です。

 

自分の考え得るところまででいいんです。
ただ
プラスとマイナスのバランスは
絶対にとってくださいね。

ちょっとしか考えられなくても
「あとは分からない」
ことが分かればいいんです。

 


問題なのは

 


誰かに答えを求めたり
とりあえず安心したくて「こうだ!」と決めつけたり
してしまうことです。

 


そうすると
さきほど言ったような
プラスかマイナスのどちらかをとることになるので
バランスが崩れて問題が起きる。

 


自分の力でよりよい選択をするためには
考えることは必要です。

 

でもその際には
プラスとマイナス両方バランスをとること
自分で考え得る全てを出し尽くすこと
が必要で

 

その結果

 

「あとは分からない」
ことが分かるんです。

 


つまり
考えつくしたら「もういいや」
と諦めましょう。

 

あとは考えても無駄の方が多くなりますよ。

 


考えつくして「もういいや」
これを身につけていきましょう。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com