読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境から立ち上がった臨床心理士

―ADHD・ギフテッド・養護施設出身の被虐待児―

自分との向き合い方①-思考をそらすことで思考は深くなる-

自分について考えない人は逃げている。

 


自分について考えすぎるから
心の病になる。

 


なんて
逆のことがよく言われてますよね。

 


私も自己啓発本を読みながら
救いを求めていたときは

 

この二つのことがだいたい書かれていて

 


もう!
いったい
自分のことを考えたらいいのか
考えちゃいけないのかどっちよ!

 

と思ったものです。

 


そんなふうな混乱の時期を経て
何も頼らずに自分で考えて試行錯誤して
回復に向かった私が思うのは

 

やっぱり自分について考えなきゃ
不安定なままで
誰かの威を借る人になり
自分の力をつけられないということ。

 

だけど
やみくもに考えると
心に問題が起きてくる。

 

じゃあうまく自分について考えるには
どうしたらいいか。

 

分かったことが以下です。

 


・漫然と考えちゃいけない
・分からないことを考え続けることは無駄
・外からの情報は絶対に必要
・気分の影響を無視してはいけない

 

 

これを何回かに分けて説明していきます。

 

 

 

クライエントさんは
とにかく自分のことを考えすぎて疲弊している。

 

それなのに
カウンセリングで自分のことを考えなきゃいけない。

 

必ずはじめに
この矛盾にぶつかります。

 


カウンセリングで自分について考えることは
プラスに向かっていく作業だけど

 

一人で自分について考える作業は
ほとんどの方がマイナスに向かっていくだけに
なっている。

 


例えば

 

自分をただ責める内容だったり
自分を評価する内容だったり
自分を決めつける内容だったり。

 

どうでしょうか。

 

心当たりありませんか。

 

 

 

そう。
一人で自分について考えて
プラスに向かっていけるなら
カウンセリングに来ていないんです。

 


クライエントさんは
一人で自分について考えて
マイナス方向に向かって気分が落ち込んで
いつまでも考え続けて力を使い果たす。

 

そして
本当に考えなければならないことがあるとき
選択しなければならないとき

 

当たり前ですが
考えられなくなって混乱して
適当に選択したり
自分にとって良くない選択をしたりしてしまう。

 

こんなことが起きています。

 


なのに
いきなり
ちゃんと考えること
選択できるようになることを目指してしまうから
余計に疲弊して
つらい報われない努力ばかり増えていきます。

 


ではどうしたらいいでしょうか。

 

 

 

まずは
混乱したり落ち込みすぎるときは

自分について一人で考えないことが必要です。

 

きちんと考えられるようになるために
エネルギーをためなきゃいけません。

 

そのために
「思考をそらす」
必要がある。

 

これがクライエントさんは上手くない。

 


心が健康な人は
うらやましいぐらい
コレが上手い。

 

私も下手だから苦労しました。

 


じつはすでに
思考をそらすために皆さん色々工夫されています。

 


お酒やギャンブルや娯楽など・・・
上手に思考をそらしていますね。

 

ところがこれは
そらすことに成功しているようで
「そらしすぎる」ことで
自分について考えなくなってしまうことがあります。

 

それでいつのまにか
自分について考えることができなくなってしまいます。

 

それだけでなく
依存すると困ったことがおきたり
お金を浪費したりしてしまう。

 

お酒は上手に使えるといいですけどね。

 

 

 

私が考える上手なそらしかたは

 

・そらすためにやっていることが良い結果を生むこと
・いったん置く

 

ということです。

 


私がオススメしているのは
料理や掃除です。

 

これ
やらなきゃと思うと本当にイヤで
責任感や義務でやっていると
思考がそれないんですが

 

自分をだまして
「思考をそらすためにやるか」
なんて思ってやっていると
いつのまにか没頭して

 

おいしい料理ができた→達成感
綺麗になった→達成感

 

いつのまにか没頭することで
集中することで
頭がリセットされたりします。

 

 

 

あとは
親しい人のことを考える。

 

自分にとって良い結果になることが目標ですから
こうしてくれたらいいのにとか
マイナス面をあげつらったりしてはダメです。

 

親しい人のことを考えて
結果的に良いことを生むためには・・・

 


親しい人の良いところを探してみる。
親しい人が今何をしているか
親しい人が何に困っていてどうして欲しいか
想像してみる。

 

想像だけでいいですが
出来る人は
実際におせっかいにならない程度に
声をかけたり
手伝ってみてもいい。

 

ここで
「助けてあげる」「やってあげるんだ」
なんて思うと終了です。

 

思考をそらすために
自分のことを見ずに
人のことを見ているだけなので
感謝を要求したらいけません。

 


あとは
思考が始まって
よくない感じになってきたら
「考えちゃいけない」
ではなく
「あとで考えよう」としましょう。

 


後で考えようと紙に書いておく。

 

これをどんどん溜めて
気分が良くなる日がくるまで
見返さない。

 

そして
できるなら
友人やカウンセラーと一緒のときに
それを考える。

 

見返さなくても
何故かどうでもよくなったら
その紙を捨ててもいい。

 


こうやって
どんどんそらして
思考する余裕ができれば

 

いざというときに
深く考えられるようになります。

 


ただ漫然と考え続けても
それは深く考えられていません。

 


考えないときは考えない

 

考えるときに集中して考える

 


これが上手に考える方法の一つです。

 

 

 

 

関連記事

 

 

lilcafe.hatenablog.com

 

 

lilcafe.hatenablog.com